ボーナスシーズンの消費に気持ちは向くものの、
節約意識が強く、消費意欲は前年並み

株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象 に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。

6月の消費意欲指数は46.2点。前月比-2.1ポイント、前年比+0.9ポイントと、前年から横ばいとなりました。

Point 1:「家電・AV」「日用品」への意欲が高まる一方、節約意識も上昇

6月の消費意欲指数は、連休があり消費意欲が高まった5月からは低下したものの、ほぼ前年並みとなりました。

消費意欲指数の理由(OA)を見ると、「欲しいもの・出費予定がある」(17年6月93件→18年6月126件)が前年よりも増えており、特に買いたいモノ・利用したいサービスでも「レジャー」「外食」に加え、季節消費以外の「家電・AV」「日用品」などが前年より20件以上増えるなど、ボーナスシーズンらしい傾向が見られます。

その一方、「金銭的理由での節約、我慢」(17年6月226件→18年6月241件)が前年よりも増えたほか、「金銭的余裕がある」(17年6月77件→18年6月56件)という声は減少。ボーナスシーズンではあるものの、指数を引き上げるほどの意欲の高まりには至っていないようです。

Point 2:大型連休と夏の狭間で女性の消費意欲は停滞

男女を比較すると、男性の消費意欲指数は4月からほぼ横ばいで安定的に推移していますが、女性は5月の高い伸びから一転、4月のレベルに戻りました。

消費意欲指数の理由(OA)を見ると、女性においては「金銭的理由での節約、我慢」(18年5月98件→18年6月123件)や「特に欲しいものがない」(18年5月194件→18年6月223件)という声が前月よりも増加しています(男性では減少)。大型連休のある5月と行楽シーズンである夏に挟まれた6月の女性の消費は、停滞期となりそうです。

■ 質問項目(質問文)

[消費意欲指数]
消費意欲(モノを買いたい、サービスを利用したいという欲求)が最高に高まった状態を100点とすると、
あなたの来月(6月)の消費意欲は何点くらいですか。(自由回答)
また、あなたがその点数をつけた理由をお答えください。(自由回答)

[特に買いたいモノ・利用したいサービス]
あなたが来月(6月)、特に買いたいモノ・利用したいサービスはありますか。(単一回答:ある/ない)
特に買いたいモノ・利用したいサービスとは何ですか。(複数回答)