■日本製品は「高品質」イメージで韓国製品を圧倒。
・調査対象都市平均 日本製品60.6%、韓国製品20.5%
・全ての都市で、日本に軍配

■「カッコイイ/センスがいい」・「活気や勢いを感じる」イメージでも日本製品は韓国製品を上回るが、中国3都市(上海・広州・北京)などでは拮抗している。

 2011年02月03日

博報堂では、グローバル市場でのマーケティング戦略に活用するためのオリジナル生活者調査『Global HABIT』を、2000年より毎年実施しています。調査地域はアジアと欧米・中南米の主要34都市、約15,000人規模の調査です。(対象者は15歳~54歳、各都市の中上位収入層)
今回、最新(2010年度)のGlobal HABIT調査のデータをもとに、BRICsを含む世界18都市における「日本製品」と「韓国製品」に対するイメージを比較・分析した結果をご報告いたします。

(※18都市=北京・上海・広州・香港・台北・ソウル・シンガポール・バンコク・ジャカルタ・クアラルンプール・メトロマニラ・ホーチミンシティ・デリー・ムンバイ・サンパウロ・ニューヨーク・フランクフルト・モスクワ)

 

<調査結果のポイント>

1.製品イメージ比較 ※対象国都市(ソウル)を除く17都市で比較

(1)「高品質」イメージ: 日本製品(17都市)>韓国製品(0都市)

 日本製品は17都市全てで韓国製品を上回る高品質イメージを獲得。
 17都市平均で60.6%と、韓国製品の20.5%に対し約40ポイントの大差で圧倒。70ポイントもの差がついた都市も。
(2)「カッコイイ/センスがいい」イメージ: 日本製品(14都市)>韓国製品(3都市)
 日本製品が韓国製品を17都市平均10ポイントの差で上回る。しかし中国3都市(上海・広州・北京)での評価は拮抗。
(3)「活気や勢いを感じる」イメージ: 日本製品(11都市)>韓国製品(6都市)
 日本製品と韓国製品のイメージにほとんど差はみられない。(2)同様、中国3都市での評価も拮抗。

2.モノ・サービス連想比較  ※18都市で比較

(1)日本から連想するモノ・サービス

 1位「家電/AV製品」(65.7%)、2位「デジタル製品」(60.8%)、3位「自家用車」(57.3%)。この3大製品イメージが世界共通で確立している。

(2)韓国から連想するモノ・サービス

 いずれの項目も日本からの連想より低い数値(1位の「デジタル製品」も平均36.6%)であるほか、都市によってバラつきが大きく、日本のような世界共通の強いイメージは確立していない。

 

なお、詳細については、添付のPDFファイルでご紹介しております。

ニュースリリース詳細

 

「Global HABIT」シリーズ バックナンバー

<2012年最新シリーズ>
【Vol.2】東アジア6都市生活者の日本旅行に対する意識(台北、香港、ソウル、北京、上海、広州):2012/2/23
【Vol.1】アジア14都市における日本製品イメージ・評価:2012/2/10

<過去のレポート(2011年以前)>
「BRICs生活者のお金をかける意識」:2011/9/30
「アジア10都市における日・韓・欧米コンテンツ受容性比較」:2011/7/5
「世界18都市における日・韓製品イメージ比較調査」:2011/2/3