2月の消費控えがさらに色濃く、3年連続で過去最低値を更新

株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象 に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。

2月の消費意欲指数は40.6点。前月比-7.9ポイント、前年比-0.9ポイントで、調査開始以来の最低値となりました。

Point 1:年末年始の反動が大きく、3年連続で過去最低値を更新

2月は1年の中で消費意欲指数が最も落ち込む月であり、2016年、2017年と連続して調査開始以来の最低値を記録してきましたが、今年も2017年をさらに0.9ポイント下回って、調査開始以来の最低値を更新しました(16年43.3点、17年41.5点、18年40.6点)。

消費意欲の理由(自由回答)を見ると、「意欲はあるが、今は様子見」という声(17年2月63件→18年2月89件)や「今月までに多く使ったのでセーブしたい」という声(17年2月196件→18年2月220件)が増加しています。17年12月は過去最高の消費意欲指数となったことや、前月も1月としては過去最低値となったことを鑑みると、年末年始の出費による買い控え意識が強まっている印象です。特に男性は、前年比-2.5ポイントとなる37.9点を記録し、調査開始以来初めて40点を下回りました(女性は前年比+0.8ポイント)。

Point 2:消費に消極的な層のさらなる冷え込みが、過去最低値更新に影響

消費意欲指数の理由として①消費に積極的な回答をした人(241人)、②消極的な回答をした人(1,071人)、③どちらでもない中間の回答(「今は様子見」「特になし」など)をした人(267人)に分けて点数の平均を算出すると、①の積極層の点数は前月からほぼ変化していない(17年2月:69.5点→18年2月:70.1点)のに対し、②の消極層(17年2月:34.8点→18年2月:33.0点)と③の中間層(17年2月:48.4点→18年2月:47.2点)の点数が前年に比べて冷え込んでいます。消費に消極的な層の更なる冷え込みが、過去最低値更新につながっているようです。
※①~③の回答者数の合計は、消費意欲の理由として一人の回答者が複数の回答を挙げている場合があるため、サンプル数(1,500人)と一致しません。

■ 質問項目(質問文)

[消費意欲指数]
消費意欲(モノを買いたい、サービスを利用したいという欲求)が最高に高まった状態を100点とすると、
あなたの来月(2月)の消費意欲は何点くらいですか。(自由回答)
また、あなたがその点数をつけた理由をお答えください。(自由回答)

[特に買いたいモノ・利用したいサービス]
あなたが来月(2月)、特に買いたいモノ・利用したいサービスはありますか。(単一回答:ある/ない)
特に買いたいモノ・利用したいサービスとは何ですか。(複数回答)