季節消費やセールへの意欲が高まらず、1月としては過去最低値に

株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象 に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。

1月の消費意欲指数は48.5点。前月比-8.4ポイント、前年比-2.7ポイントで、1月としては過去最低値となりました。

Point 1:季節消費やセールなど、1月ならではの消費機会への意欲が高まらず

1月は例年、消費意欲が最も高まる月である12月よりは低下するものの、過去2年間は50点以上をキープしていました。しかし今年は、調査開始以来の最高値(56.9点)であった前月から大幅に低下し、1月としては過去最低値となっています。

消費意欲指数の理由(自由回答)を見ると、「新年、お正月だから」「冬服が欲しい」といった年始らしい季節消費に関わる声(17年1月133件→18年1月107件)や「セール、初売り、福袋」への意欲を挙げる声(17年1月194件→18年1月151件)が前年より減少。1月ならではの消費機会への意欲は盛り上がりに欠けるようです。特に買いたいもの・利用したいサービスについても、「ファッション(前年比-41件)」「外食(前年比-23件)」においてマイナスとなっています。

背景としては、「今月まで多く使った反動でセーブ」は前年より大きく減少し(17年1月140件→18年1月95件)、「金欠、収入減、余裕がない」という声が増えています(17年1月106件→18年1月130件)。前月が意欲のピークであったことによる反動というよりも、懐事情が良くないことや、年末にしか意欲が高まらないという近年の傾向がより顕著になってきていることが要因のようです。

Point 2:前年からの意欲低下は男性で顕著

消費意欲指数を男女で比較すると、前月比はほぼ差がないのに対し、前年比では男性が-4.1ポイント、女性が-1.4ポイントと男性の低下が目立っています。前年1月は男性が女性の意欲の伸び悩みを下支えする構図でしたが、前述の「金欠、収入減、余裕がない」の増加分はほぼ男性によるものであり(男性:17年1月64件→18年1月85件、女性:17年1月42件→18年1月45件)、金銭的事情による影響は主に男性に現れているようです。

■ 質問項目(質問文)

[消費意欲指数]
消費意欲(モノを買いたい、サービスを利用したいという欲求)が最高に高まった状態を100点とすると、
あなたの来月(1月)の消費意欲は何点くらいですか。(自由回答)
また、あなたがその点数をつけた理由をお答えください。(自由回答)

[特に買いたいモノ・利用したいサービス]
あなたが来月(1月)、特に買いたいモノ・利用したいサービスはありますか。(単一回答:ある/ない)
特に買いたいモノ・利用したいサービスとは何ですか。(複数回答)