「キャッシュレス社会」に賛成49%:反対51%。賛否は真っ二つ。 男女で意見は正反対(男性は賛成、女性は反対が多数)。

【全体】 賛成49%≒反対51%
【男性】 賛成59%>反対41%
【女性】 賛成39%<反対62%

今、お金にまつわる環境は、電子マネーや仮想通貨といった新しいお金の誕生や、個人が直接取引できるサービスの登場などで急速に変化しています。しかし、こうした環境変化に生活者がどう向き合っているのかを把握したものは、あまり見当たらないように思います。

そこで、博報堂生活総合研究所は全国 20~69歳の男女を対象に「お金に関する生活者意識調査」を実施しました。調査結果からは、一様ではない生活者の価値観や、変化の波に乗って自らの行動をも変えようとする生活者の姿がみえてきました。

「お金に関する生活者意識調査」のポイント

■キャッシュレス社会への期待

賛否が半々。男女で意見は正反対(男性は賛成、女性は反対が多数)

■お金の支払い方法の変化

生活者の意識では、最近2~3年で「現金」払いが3割減少

■会計系サービスの利用状況/意向

進む電子化。「ネットバンキング」は現在利用・今後意向とも4割

■個人間取引系サービスの利用経験/意向

全サービスとも利用経験<利用意向。今後、伸長のきざし

本調査は「お金の未来」研究の一環です。
本調査を含む各種研究でみえてきた、お金と幸せの未来像につきましては、『みらい博2018「進貨論~生活者通貨の誕生~」』として、研究発表イベントや書籍などで発表してまいります。

詳細はこちら