6月としては過去最低値。
ボーナスで余裕が生まれるも、「今は様子見」の声が増加

株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。

6月の消費意欲指数は45.3点。前月比は-1.2ポイントと横ばいですが、前年同月比は-2.3ポイントで、6月としては過去最低値となりました。

Point 1:節約意識がゆるむ一方、様子見の傾向が強まり消費意欲は伸びず

ボーナスシーズンの6月を迎えるにあたり、今年は昨年に比べて金銭的な余裕を感じている人が多いようです。消費意欲指数の理由(自由回答)を見ると、今年は「金銭的に余裕がある」(16年6月61件→17年6月77件)が前年同月と比べて増加したほか、「今月までに多く使った反動でセーブ」(16年6月174件→17年6月137件)、「節約したい」(16年6月50件→17年6月26件)などは減少しています。

一方で、消費意欲指数は前年同月を割り込み、6月としては過去最低値となりました。「今は様子見」(16年6月79件→17年6月100件)や「特別欲しいものがない」(16年6月331件→17年6月367件)といった声が前年同月より増加したほか、特に買いたいモノ・利用したいサービスにおいても、「ファッション」「日用品」「書籍・エンタメ」「理美容」の4項目において前年同月から20人以上減少しています。金銭的余裕が生まれている割に、消費意欲の高まりはみられません。

「年末年始、夏休みなどの明確な消費機会がある時にしか消費しない」という消費スタイルが浸透し、多少の金銭的余裕には左右されなくなりつつあるようです。

Point 2:男性20代の消費意欲指数は、調査開始以来の最低値

6月は、20代の消費意欲指数が男女ともに、6月としての過去最低値を記録。特に男性20代は、調査開始以来の最低値となりました。男性20代は、2016年12月に男性としては過去最高の59.8点を示したものの、アップダウンが激しくなっており、6月の下げ幅は前月比-7.9ポイントと過去2番目に大きな下げ幅(2017年2月の前月比-9.0ポイントに次ぐ数字)となっています。消費への意欲を解放する月と引き締める月とのメリハリを、これまで以上にはっきりとつけるようになってきたことがうかがえます。

■ 質問項目(質問文)

[消費意欲指数]
消費意欲(モノを買いたい、サービスを利用したいという欲求)が最高に高まった状態を100点とすると、
あなたの来月(6月)の消費意欲は何点くらいですか。(自由回答)
また、あなたがその点数をつけた理由をお答えください。(自由回答)

[特に買いたいモノ・利用したいサービス]
あなたが来月(6月)、特に買いたいモノ・利用したいサービスはありますか。(単一回答:ある/ない)
特に買いたいモノ・利用したいサービスとは何ですか。(複数回答)