博報堂DYグループ傘下のiichi有限責任事業組合(本社:東京都港区、代表者:飯沼健太郎・住吉優)は、日本の手仕事マーケットプレイス 「iichi(いいち)」にて、海外を対象とした英語版サイトをオープン。日本の手仕事作家(作り手)と海外の利用者(買い手)との販売取引サービスを開 始しました。
2011年7月にスタートしたiichiはサービス開始から3ヶ月で、陶磁、木工、金属、染織ガラス、皮革など420名の手仕事作家が登録、既に2000 種類以上の作品が出品されました。今回の英語版サイトオープンにより、手仕事作家はiichiを通じて自身の作品を簡単に世界に向けて紹介・販売すること ができるため、今後さらに多くの方に利用頂けるものと考えております。

【海外向けサービス3つの特徴】

1.英語翻訳サービス

作家プロフィール、作品説明、取引の感想コメントを無料で英語翻訳します。

2.作品発送サービス

注文のあった作品はiichi事務局に発送され、破損を防ぐために再包装を行い、インボイス記入の後に郵便追跡が可能な国際郵便で発送されます。

3.決済代行サービス

世界190の国と地域で活用されているPayPal(ペイパル)とクレジットカードによる決済代行を行います。

iichi海外サービスの対象国は欧米、アジアを中心とした40カ国からスタートし順次対応国を増やしていく予定です。iichiで登録している作家は誰でも簡単に海外に向け作品の出品・販売を行うことができます。
日本の手仕事には、その土地の持つ独自の素材、その人の持つ独自の技があり、機能面からも美術的な観点からも優れたものが多くあります。iichiは “Handmade in Japan”というコンセプトのもと、日本の手仕事を世界中の多くの人に紹介し、届けていくことを目指してまいります。

日本の手仕事マーケットプレイス「iichi(いいち)」

詳細は添付のPDFからご覧ください。

ニュースリリース詳細