博報堂こそだて家族研究所は、インターネット広告・メディア運営事業の株式会社インタースペースと協働で、インタースペース社が運営するママ向けコミュニティサイト『ママスタジアム』(URL: http://mamastar.jp/)にて、『ママリサ ~いまどきママリサーチ~』を行っています。この度、「ママの習い事」について調査致しました。毎日、育児に家事に仕事にと大忙しのママたちが、どのように“自分みがき”に取り組んでいるのか、興味深い結果が得られましたのでご報告致します。

<調査結果ポイント>

■2016年、何らかの習い事や勉強を経験したママは、54.7%と過半数に達した。

■ママたちが経験した習い事トップ5は、「ヨガ・ピラティス(15.9%)」「料理・パン(14.1%)」
「手芸・ハンドメイド(12.3%)」「ベビーマッサージ(9.6%)」「資格取得の勉強(8.9%)」

■今後やってみたい習い事トップ5は、「料理・パン(42.6%)」「習字・ボールペン字(34.4%)」「資格取得の勉強(33.7%)」「インテリア・収納(29.4%)」「手芸・ハンドメイド(26.2%)」

■「子供が登園・登校している時間」に習い事や勉強をしているママが約半数。 続いて、「家事・育児のすきま時間」「子どもを家族に預けて」「夜、子供や家族が寝た後」などに自分の時間を作っているママが多い。

■習い事をしたことで「息抜きできた・リフレッシュできた」ママが6割以上。「日常生活に役立った」「家族が喜んでくれた」など生活に役立ったという意見や、「新しい友達ができた」「自分の成長につながった」などの意見も。

■妊娠や出産をきっかけに習い事や勉強をしたママは約4割。 「習い事や勉強をしたいが、まだ始めていない」まで含めると、3/4のママが習い事や勉強に意欲的。

■「ママ起業」や「女性のキャリアアップ」といった記事などに、「私もやってみたい!」と興味がわくママは約4割。