株式会社博報堂
株式会社博報堂プロダクツ

株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)と博報堂グループの総合制作事業会社、株式会社博報堂プロダクツ(本社:東京都江東区、代表取締役社長 江花昭彦)は、VR・AR専門ファクトリー「hakuhodo-VRAR」を設立いたしました。

今、大きな注目を集めている次世代プラットフォームVR(仮想現実)とAR(拡張現実)は、エンターテインメント以外にも、医療・教育・製造業・地方自治体など幅広い分野で活用されはじめ、新しいデジタル体験を作り出しています。また、さまざまな企業によるヘッドマウント型のVRデバイスの発売、AR技術を起用したスマホゲームが世界中でヒットする等、一般の生活者にとっても急速に身近な存在になりはじめています。
そこで、博報堂と博報堂プロダクツは、クライアントのプロモーションやマーケティングの新たな手法としてVR・ARの最先端技術を駆使する専門ファクトリーとして、「hakuhodo-VRAR」を設立いたしました。

博報堂の持つ「高いクリエイティブ力」「戦略・企画力」と、博報堂プロダクツの得意分野である「デジタル技術」「映像・編集技術」「3DCG」「イベントプロデユース」の実施力を掛け合わせるべく、両社の経験豊富なエキスパートを結集。そのインフラ・装備を駆使しながらVR・ARの可能性を存分に活かしたプロモーションを、情報拡散まで360°&ワンストップで提供することができます。

AR領域では、最新鋭の空間認識技術(SLAM※)を有するコンピュータビジョン技術企業であり、高品質かつ業界最先端のマーカーレス空間認識が可能な開発キット「Kudan AR Engine」を提供する、Kudan Limited(英国)の日本法人kudan株式会社と提携いたします。
今後は、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)のみならず、MR(複合現実)の研究・活用を進めるとともに、これまでにない次世代型の体験・感動プロモーションを提供してまいります。

  • SLAM(Simultaneous Localization and Mapping): 画像やセンサ情報等から自己位置の推定と環境地図の作成を同時に行う技術。

■Kudan株式会社 会社概要 (https://japan.kudan.eu/
・本社所在地:東京都新宿区新宿
・代表取締役:大野 智弘
・設立:2014年11月19日
・事業内容:コンピュータビジョン技術並びにAR/VR技術開発・提供
Kudan Limited(英国)は、2011年英国Bristolで創業し、クロスプラットフォームで最新鋭のコンピュータビジョン技術並びに独自の先進的なAR/VR技術及びAR/VRエンジンを提供しています。