株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)は、ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型デバイス「Pechat(ペチャット)」の先行販売を、本日午前11時よりクラウドファンディングサービス「Makuake」にて開始いたします。

 「Pechat」は、ぬいぐるみにつけてスマホを操作することで、まるでぬいぐるみがおしゃべりしているように感じさせることができるボタン型デバイスです。ぬいぐるみを介した親子のコミュニケーションや、歌や読み聞かせによる知育・情操教育など、子育ての様々なシーンで活用できる次世代の育児アイテムとして開発。2016年3月に米国で開催された「サウス・バイ・サウス・ウエスト(SXSW)2016」でコンセプトモデルを発表後、製品化に向けて準備を進めてきました。

 一般販売は、2016年12月に予定しており、販売予定価格は4,990円(税込)です。今回のクラウドファンディングでは、先着制による特別割引での支援(先行販売)コースを複数設定。先着100名限定の25%OFFコースであれば、「Pechat」 1個を3,740円で購入することができ、12月に発送予定です。万一、目標金額に達しない場合でも製品を受け取れる「All in」方式*での実施となります。

「Pechat」は、博報堂として初のデジタルデバイス商品企画・販売事業で、またクラウドファンディングを取り入れるのも初の試みとなります。企画・デザインは、博報堂のプロダクト・イノベーション・チーム「monom(モノム)」が担当。アプリの開発を株式会社博報堂アイ・スタジオ、ハードウェアの量産をVAIO株式会社が担当しています。

* All in(即時支援型)は、目標金額の達成の可否に関わらず、商品が提供されるシステムです。

商品に関するお問い合わせ:info@pechat.jp/TEL:0120-663-167

⇒ 詳細はこちら