―企業トップから現場担当者まで、プレゼンテーション実施に至る全ステップを総合的に支援―

 株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一、以下 博報堂)は、トップから現場担当者まで幅広いビジネスパーソン向けにプレゼンテーションを指南する「『伝わるプレゼン』トータル支援パッケージ」を開発、提供を開始しましたのでお知らせします。

 本プログラムは、博報堂が長年培ってきたイベントや記者発表会等におけるプレゼンテーション実施のノウハウに、株式会社カナウ(東京都文京区、代表取締役社長:北田浩之、以下 カナウ)の強みであるプレゼンテーションスライドや動画の設計、制作技術を組み合わせることにより実現したものです。

  昨今、企業間の合併や買収、新商品の発表・商談会、社内事業コンテストなど、ビジネスシーンにおけるプレゼンテーションの重要性が高まっています。企業のグローバル展開が加速する中、今後この傾向はますます高まると考えられます。真に「伝わる」プレゼンテーションを実現するには、内容の熟考に加え、効果的なプレゼンテーションツールの使い方、プレゼンテーションをより効果的にする立ち振る舞いや話し方などの習得が不可欠です。

  「『伝わるプレゼン』トータル支援パッケージ」は、ゴールの設定から原稿・資料作成、立ち振る舞い・話し方等、プレゼンテーションの準備から実施までを総合的にサポート、効果的で伝わるプレゼンテーションの実現を支援するプログラムです。企業トップをはじめ、現場担当者にも対応、幅広いビジネスパーソン向けに提供いたします。具体的には、下記6つのワークフローを想定しています。

 本プログラムは、大人数の聴衆に向けたプレゼンテーションに加え、会議室での少人数の商談や社内事業コンテスト、記者発表会など、規模の大小や対象の社内外を問わず幅広い場面で活用が可能です。なお、英語をはじめとする外国語での資料制作にも対応いたします。

 博報堂は、本プログラムの提供を通じて、クライアントのレピュテーションやブランド力の向上に貢献してまいります。

⇒詳細はこちら