株式会社博報堂は、一般社団法人せとうち観光推進機構(※1)と連携して瀬戸内ブランド推進体制(※2)を構築するため、2016年4月1日に設立予定である新法人「株式会社瀬戸内ブランドコーポレーション」に対して、広告会社として唯一出資を行うことといたしましたので、お知らせいたします。

これにより、当社と子会社である株式会社中国四国博報堂(本社:広島県広島市、代表取締役社長:池田繁実)は、これまで培ってきた地域創生におけるブランディングやマーケティングのノウハウを活かし、新会社が目指す「瀬戸内地域の価値の最大化」をサポートしてまいります。

1.株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションの役割

株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションは、瀬戸内のブランド化を加速させ、さらには、観光地経営の視点に立った観光地域づくりの舵取り役としての役割を果たすべく、一般社団法人せとうち観光推進機構(※1)と連携して、国内最大規模、かつ、世界でも例を見ない体制である、瀬戸内ブランド推進体制(※2)(=せとうちDMO(※3))を構築いたします。

瀬戸内地域が国内外の多くの人から選ばれる地域となるために、観光関連産業に対して経営支援や資金支援を通じて瀬戸内地域の価値の最大化を目指してまいります。

2.出資の概要

(1)出資方法           :発起人として1,000万円の金銭出資を実施
(2)出資予定日        :平成28年4月1日
(3)出資総額           :10,000,000円
(4)引受株式数        :10,000株
(5)出資割合           :2%

3.株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションの会社概要

(1)商号                 :株式会社瀬戸内ブランドコーポレーション
(2)代表者              :代表取締役社長 水上 圭(みずかみ けい)
(3)本店所在地        :広島県広島市中区基町10番3号
(4)従業員              :15名程度(設立時)
(5)資本金              :資本金           4億5,000万円
(6)出資者              :事業会社27社、金融機関19社
(7)設立予定日        :2016年4月1日
(8)事業内容           :①事業化・事業拡大・新規事業開発に必要な経営支援
:②事業化および成長に必要な資金の供給
:③DMS(※4)の開発

※1 一般社団法人せとうち観光推進機構
瀬戸内ブランドの確立を目的とし、代表者を民間人、理事を兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県の7県とする一般社団法人。

※2 瀬戸内ブランド推進体制
瀬戸内エリアの価値向上のため、一般社団法人せとうち観光推進機構、観光関連事業者、株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションが連携する体制。これは、国が「まち・ひと・しごと創生総合戦略」において、魅力ある観光地域づくりの推進母体として位置づける日本版DMO(※4)に当たるものである。

※3 DMO
Destination Management Organizationの略。戦略策定、各種調査、マーケティング、商品造成、プロモーション等を一体的に実施する、主に米国・欧州で見られる組織体。

※4 DMS
Destination Management Systemの略。DMOの活動を支援するために、様々なチャネルやプラットフォームを統合し、観光コンテンツ等を包括的に配信(サービス化)する仕組み

*PDF版はこちら