株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大森壽郎)のグループ会社であるiichi株式会社(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:飯沼健太郎、以下 iichi)はこの度、アジア最大級のデザイナーズマーケットを運営するPinkoi Inc.(本社:台湾、CEO:Peter Yen、以下 Pinkoi)と、日本国内の優れたデザイナーの海外販売を支援し、アジアそして世界でデザイン商品のECサービスを広げていくことを目的に、資本業務提携を行いました。

今回の提携により、iichiはPinkoiを引受先とする第三者割当増資を実施し、Pinkoiを筆頭株主に、Pinkoi、博報堂、博報堂DYメディアパートナーズのジョイントベンチャーとしてグローバルEC事業を行ってまいります。iichi代表取締役の飯沼健太郎はPinkoiの取締役に新たに就任し、Pinkoi Japanの代表となります。

ここ数年、アジアを含む全世界で着実な広がりを見せているデザインやハンドメイドEC市場において、クオリティーの高い作品を創作する個人や少人数の作り手に対し、国境を越えた活躍の場を提供していきたいという両社のビジョンと事業の方向性が一致し、今回の提携に繋がりました。

Pinkoiはアジア各国を中心に世界中のデザイナーと購入者を繋ぎ、月間の利用者200万人を超えるアジア最大級のデザイン商品のECサービスとして急成長しています。現在、Pinkoiは5言語・12通貨でサービスを展開しており、台湾・香港・米国・中国・日本・タイを含む全世界77カ国でサービス利用(商品販売)実績を持ちます。

iichiは日本国内でプロ作家を中心とする質の高さを特徴としたハンドメイド・手仕事品のマーケットプレイスを運営、作り手との信頼関係を大切にしながら多くの作り手と使い手の繋がりを広げてきました。

今回の提携により、iichiの約2万人の登録作家は選考の後、Pinkoiのプラットフォームを通じアジア全域を中心とする海外マーケットに、広く作品を紹介・販売していくことが可能となります。また、日本国内ではPinkoiを通じ、アジア各国の人気デザイナーの商品を購入することが出来るようになります。なお、今後のサービス運営につきましては、iichiはこれまで通りiichiのサービス運営を行いながら、Pinkoiの日本国内事業をPinkoi本社と共に行ってまいります。

日本国内の多くのプロ作家に利用されているiichiと、世界中のデザイナーと購入者に利用されているPinkoiが力を合わせ、大きなシナジーを創り出し、グローバルEC企業としての新たな成長を目指してまいります。博報堂、博報堂DYメディアパートナーズは引き続き株主として、国内・海外のマーケティング活動を中心に事業の支援を継続してまいります。

詳しくはこちら