-体験デザインのコツをまとめた『地域体験デザインカード』を開発-

慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所
株式会社博報堂

 慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所のサービスデザイン研究プロジェクトと、株式会社博報堂の企業や社会のイノベーションを支援する専門チームの博報堂イノベーションデザインは、地域の資源やリソースを活かした体験・サービスデザインの方法論に関する共同研究を行いましたのでお知らせいたします。

 これまでの地域振興の多くは、物産品や自然景観、文化財や観光施設等の物的資源を中心に進められてきましたが、地域振興に直接的に活かせる物的資源には限界があり、また人々の関心も、物的資源そのものから、それらに伴う物語や体験的な価値へと大きく移ってきています。

今回は、慶應義塾大学G-SECサービスデザイン研究プロジェクトの研究代表である経済学部の武山政直教授及びそのゼミ生と博報堂イノベーションデザインが共同で、有形・無形の資源の組み合わせを通じて新たな価値共創機会を生み出すサービスデザインの手法を用い、体験価値を基軸とした地域振興の方法論を構築するための研究を行いました。

 本共同研究の一環として、地域の資源を活かした体験やサービスをデザインするためのインスピレーション集となる『地域体験デザインカード』を開発いたしました。

『地域体験デザインカード』は、地域の体験資源を活用したサービスの成功事例を分析し、サービス化モデルの整理とメソッド化を行った上で、【準備】【直前】【体験中】【直後】【帰宅後】という体験の流れに沿って、体験デザインのコツを35に分類し、整理したものです。

 また、体験カードを使ったワークショッププログラムも併せて開発しました。ワークショップを通じて、その地域ならではの資源を活用した体験デザインを行うことができます。

詳細は添付のリリースをご確認ください。