自由化後に「電力会社を変えてみたい」人は、70.3%。

●自由化後、「すぐ変える」は17.5%。「最初に変えた人の様子を見て」が47.1%。
●電力自由化で選択可能になるメニューの中で、一番人気は「長期契約割引」。

 博報堂エネルギーマーケティング推進室は、2010年よりエネルギーに関する生活者調査を実施しておりますが、このたび、今年4月に実施される「電力小売の自由化」にむけた生活者の意識を調査し、結果がまとまりましたので、ご報告いたします。

 調査結果によると、「電力小売り自由化」の認知度は87.0%で、男性の方が、認知や理解が高いことが分かりました。また、「電力小売自由化」時に、電力会社を変更したいかどうか尋ねたところ、2/3以上の70.3%が「変えてみたい」と答えました。これらの人のうち「自由化後すぐ変える」のは17.5%で、「最初に変えた人の様子を見て変える」が47.1%でした。

 また、電力会社が今後提案すると思われるメニューについては、「長期契約割引」に最も興味がありましたが、「ポイントサービス」「セット割引」など様々なメニューに関心がある様子がわかりました。また、選択にあたっては、「Web」による情報を重視しており、Web情報の充実が今後必要となってくることもわかりました。

 博報堂エネルギーマーケティング推進室では、来る電力自由化に向けて、生活者視点でエネルギー自由化時代に必要なサービスや商品などのマーケティングについて、企業の皆様に提案してまいります。

<調査結果トピックス> 

◇「電力小売自由化」の認知度は、87.0%。男性の方が高い認知・理解。

◇ 電力小売自由化後、電力会社を「変えてみたい」と答えた人は、70.3%で2/3以上に。

◇ 電力会社の変更時期について、「自由化後すぐに変える」人は17.5%。「最初に変えた人の様子を見て変える」が47.1%。

◇ 電力会社選択時に最重視するのは、「料金の安さ」で83.3%。続いて「料金メニューや手続きのわかりやすさ」「安心安全イメージの企業」。

◇ 電力自由化で選択可能になるメニューの中で、一番人気は「長期契約割引」。

◇ 電力会社選びに活用するのは、「インターネットなどのWeb情報」。

◇ 電力会社のWebページに期待することは「内容がわかりやすい」「欲しい情報が見つけやすい」など、情報のわかりやすさと調べやすさ。

◇ 電力会社の選択にあたって、「比較サイト」を利用したいと考えている人は、72.4%。

→レポートの詳細はこちら