・女性の4人に1人は、生まれ変わったらできれば別の方とご一緒したい、と思っている。「生まれ変わっても現在の配偶者・パートナーと一緒になりたいか」は「なりたい」男性が46.8%、女性は39.6%。「できればなりたくない」男性は13.1%、女性は27.9%。

・ 2013年調査とほぼ同様の結果であり、依然として「夫婦すれ違い」は続いている。

・定年退職した60代男性には「夫婦の歩み寄り」行動もみられるが、妻とのギャップはまだあり「夫の片思い」状況といえる。

博報堂新しい大人文化研究所では、40~60代を“新しい大人世代“と呼び、調査研究を行っています。調査結果を見ると、40~60代の変化は、さらに本格感を増しています。新大人研レポート2012~13年は「絶滅!?する中高年-“新しい大人世代の登場”」、2013~14年は「いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化」でした。2015年はあらためて生活者の変化に注目して『シニアから新大人へ』。自分たちは従来の50・60代とは違うという意識が高まっています。40代も含めて、単なる「若々しさ」だけでなく多方面での新たな兆しが見えて来ました。今回のシリーズでは、消費にも大きな影響を与えるその生活者の意識変化を明らかにして行きます。

今回の調査結果から、新しい大人の夫婦関係は依然として「夫の片思い」傾向にあるものの、60代からは夫婦の時間が始まり、「歩み寄り」がみられることが分かりました。

「生まれ変わっても現在の配偶者・パートナーと一緒になりたいか」は男性は「そう思う」人が46.8%と半数近くいるにも関わらず、女性は27.9%と4人にひとりが「そう思わない」と感じています。 2013年調査でも「なりたい」は男性50.2%、女性は38.4%。「できればなりたくない」男性は13.7%女性は27.6%で、依然としてすれ違い傾向は続いています。また、女性の68.2%が「夫にがっかりさせられた経験がある」と回答していることからも、女性は夫に対してシビアな目を向けており、「夫婦すれ違い」状況を作る一因となっているようです。

一方で「配偶者・パートナーとの時間で増えたもの」を聞いてみると、60代団塊世代からは、「食事」、「旅行」、「会話」をはじめとして夫婦の時間が増えています。ただし、男性の方が女性に比べて「増えている」と回答する人が多く、やはり夫の「片思い」といえそうです。とはいえ、新しい大人世代の夫婦共通の趣味は1位「食べ歩き」、2位「映画鑑賞」と、恋愛結婚世代らしく、かつてデートでしていたことを今も2人で楽しんでおり、歩み寄りの姿勢がみえてきます。

詳細はこちらPDF

過去のレポートは、こちらでご覧いただけます。(新しい大人文化研究所Webサイト