〜デジタルテクノロジーとクリエイターの技を融合し、アニメーション制作⼿法の変⾰をリード〜

博報堂グループの株式会社スティーブンスティーブン(東京都港区、代表取締役社長:古田彰一、 以下 スティーブンスティーブン)は、劇場作品から映像を活用した企業コンサルティングまでワンストップで解決する、アニメーションスタジオ「CRAFTAR(クラフター)」を新設いたしましたのでお知らせいたします。

スティーブンスティーブンでは、これまでアニメーション映画・TV番組・動画コンテンツ制作業務を通じて、 アニメーション制作のためのノウハウとネットワークを蓄積してきました。この度、それらをもとに今後も進化し続けるデバイスやITテクノロジーに適合するため、CGを中心とした最新技術を常時取り入れ、研究開発も進める “アニメーションの作り方から作る”アニメーションスタジオ、「CRAFTAR」を新設しました。

「CRAFTAR」は既に、アカデミー賞にノミネートされた実績のある、元ピクサー・アニメーションスタジオの  クリエイターと組んで、短編アニメ『ムーム』を制作中。さらに、スタジオジブリで宮崎駿監督が制作している  新作短編のCGアニメーションパートを担当し、現在複数本、世界規模のプロジェクトが進行中です。

また、昨今、スマートフォンやスマートデバイスの普及に伴い、企業の広告戦略においても、TVCMだけでなくWEB上で動画広告を複合的に掛けあわせるケースが増えています。このような中、企業オリジナルの動画制作が可能であるアニメーション動画の需要が高まっています。日本のアニメーション作品、アニメーション技術は海外で高い評価を得ており、グローバル展開においてもさらなる注目が期待されます。

アニメーション制作スタジオを自社内に持つことで、企業の動画広告制作においても、ターゲット、シチュエーションなど多様なニーズにお応えする体制を整えています。

今後、「CRAFTAR」は企業や社会の課題を解決するためのブランディング・アニメから、製作委員会方式による劇場用アニメーション作品まで、「ミッション最適」なコンテンツを高品質でクリエイティブ&プロデュースするアニメーションスタジオとして、アニメーション制作業界全体の課題と、企業のマーケティング課題にお応えしてまいります

詳細についてはこちらのPDFファイルをご覧ください。

株式会社スティーブンスティーブンHP