株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田 裕一)は、テクノロジーを活用した、企業のデジタル事業開発を支援する新組織『博報堂テクノロジービジネスセンター』を2015年12月10日に設立いたしましたので、お知らせいたします。

 テクノロジーが産業に大きな変革をもたらしている中、そのスピードは近年、急速に加速し始めています。Fintech(※1)やコネクテッドカーが注目を集めるなど、IoT(Internet of Things)、AI、ロボティクス、ビッグデータ等への取り組みはより重要度を増してきています。

 こうしたトレンドを踏まえ、テクノロジー系ベンチャー企業との連携を強化し、クライアント企業のデジタル事業開発支援をより充実させるため、新組織『博報堂テクノロジービジネスセンター』を設立致しました。

 博報堂テクノロジービジネスセンターでは、

(1)クライアント企業へのテクノロジーを活用した事業の戦略立案サポートや施策実行サポート
(2) クライアント企業のオープンイノベーションに対するソリューション提供
(3) スタートアップ企業のテクノロジーを活用したソリューション開発

を主な活動領域とし、企業のオープンイノベーションやデジタル事業開発を支援、さらには、

(4) ベンチャー企業へのマーケティング支援

も行って参ります。

 上記推進にあたって、博報堂テクノロジービジネスセンターは、シリコンバレーに拠点を置く日系ファンドの中で最多の投資件数(2014年実績)を誇るScrum Ventures(スクラムベンチャーズ)、および日本のトップティアベンチャーキャピタルの一社と評価される伊藤忠テクノロジーベンチャーズが組成するファンドに出資を行っており、両ファンドを通じてテクノロジー情報を取得し、クライアント企業が持つ課題に対しソリューション提供や開発を加速させて参ります。

※1 ITを活用した金融サービスの総称。Finance(金融)とTechnology(技術)を合わせた造語。

→詳細はこちら