博報堂の雑誌『広告』は、昭和23年の創刊から数えて400号となる2015年11月号を10月19日に発売いたします。

雑誌『広告』は、社会や生活者の「いま」をユニークな視点で切り取るコミュニケーション文化の総合誌です。昭和23(1948)年、『広告』の前身となる『博報堂月報』として創刊以来、広告を広義にとらえ、広告やコミュニケーション文化の創造と発展を目的に、移り変わる時代や社会を深い視点で探り、独自のテーマを見いだし、広く社会に対してメッセージを送ってきました。

創刊当時の新聞形式の出版物から、昭和28(1953)年に雑誌スタイルに形を変え、また、広く広告界全体の討論の場としたいという思いから、タイトルを『広告』に改題。その後、途中12年間の休刊等を経て、現在も「広告コミュニケーション文化を発信するメディア」として継続しています。編集長は、創刊当時より博報堂社員が就任し、歴代編集長には、加固三郎、天野祐吉、黒田杏子、嶋浩一郎、永井一史等が務めてきました。

今回、400号を記念して、半世紀を超える歴史をたどってきた『広告』を振り返る「400号のあゆみ」WEBを、雑誌『広告』のサイト上にオープンし、今までの表紙デザインや主な記事タイトルを年表形式で掲載しています。(「400号のあゆみ」WEBのオープンは、10月19日です。)

URLhttp://kohkoku.jp/

【2015年11月号:400号について】

今回の特集テーマは、『これからの 母性は』。女性コピーライターとして活躍中の尾形真理子編集長が、これからの時代、どうすれば女性がもっと、自然に、楽に、生きていけるのか、女性がどうやって日本社会を元気にしていくのか等、これからの女性の在り方を考え、様々な角度からレポートしています。

また今号は、400号記念で、内容を拡充するために増ページしたことに加え、今号のみの特別定価として400円で販売いたします。

今後も、皆さまの『なぜか愛せる雑誌』になれれば、幸いです。是非ご一読ください。

発売情報

2015年11月号(2015年10月19日発行)
特別定価:400円(税込)
A4変型版 116頁

【雑誌『広告』400号発売記念トークイベント】

創刊400号を記念して、現編集長でクリエイティブディレクター/コピーライターでもある尾形真理子と、連載も好評な俳優・片桐はいりさんのトークセッションを行います。11月号の特集テーマ「これからの 母性は」にちなんだ話や連載の取材裏話などお楽しみください。

日時:10月21日(水)19:00~20:30
場所:代官山蔦屋書店
参加条件: 『広告』購入+参加料540円(先着順)
問合せ先: 代官山蔦屋書店 tel:03-3770-2525

※リリースPDF版、最新号の内容はこちら