株式会社博報堂は、社会課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designと共同で、ソーシャルデザインの手法を使って地域の課題を住民と共に取り組む「地域みらい大学」の2016年度開催希望地を、全国から5か所募集開始いたします。

地方創生という言葉を頻繁に耳にするように、 地方圏は人口減少、超高齢化、地域産業の衰退など様々な課題に直面しています。この課題を地域住民の皆さんと共に解決するために、今、求められているのがソーシャルデザインです。

「地域みらい大学」は、このソーシャルデザインの手法を理解・活⽤し、地域の課題を解決していく人材を育成することを目的としたソーシャルデザインスクールとして、2014年に開講いたしました。

2014年度より実施している「地域みらい大学」は、今までに、北海道日高町(ヤマメを活⽤した産業振興)、千葉県銚⼦市(住⺠参加による観光ガイドブック制作)、富⼭県氷⾒市(地域ブランド構築とマーケティング人材育成)、高知県佐川町(⾏政・市⺠⼀体でつくる総合計画)、兵庫県神⼾市(ソーシャルデザイン全般)、東京都(マンションコミュニティの活性化)、和歌山県新宮市(新宮女子のよる観光コンテンツ開発)、岐阜県御嵩町(廃線危機にあるローカル鉄道活性化)の全8カ所で開催しております。

2015年9月より、「地域みらい大学」の開催を希望する地方自治体を全国から募集し、応募頂いた自治体と個別にプログラム内容を検討のうえ、2016年4月以降、順次各地で開催していく予定です。

今後も、ソーシャルデザインを通じた地域活性化を実践する「地域みらい大学」を、積極的に全国で展開していく予定です。

http://socialdesignschool.jp/

※詳細、PDF版はこちら