インドネシア唯一のマーケティング・コミュニケーション誌である「MIXマーケティングコミュニケーション・マガジン (MIX Marketing Communications magazine)」主催のインドネシア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2015が発表され、博報堂グループの博報堂インドネシアがクリエイティブ・アドバタイジングカテゴリーで「Best of the Best Creative Advertising Agency」を獲得しましたのでお知らせいたします。

インドネシア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤーは,広告主の広告およびマーケティング担当者へのアンケートを元にポイント集計され,2015年は広告主315名により、受賞が決定されました。
[クリエイティブ・アドバタイジング]、[ブランド・アクティベーション]、[デジタル]、[メディア]、[PR]の5部門より構成され、それぞれの部門で最高点を獲得したエージェンシーが「Best of the Best Agency」としてそのカテゴリーにて表彰されます。

博報堂インドネシア社長のイルファン・ラムリは受賞にあたり、「数々のクライアントから高い評価いただいたことは非常に光栄に思います。今後も質の高いマーケティングソリューションを提供してまいります」とコメントしています。

博報堂グループは今後も、広告主のビジネス・マーケティング活動のパートナーとして、グローバルのサービス体制を強化してまいります。


受賞式典における博報堂インドネシアのメンバー
(左から2番目がイルファン・ラムリ)

※PDF版はこちら