第一弾は「インターナルブランディング×ゲーミフィケーション」

株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)の次世代型コンサルティング専門チームである博報堂ブランドデザインおよびデジタルコンテンツ制作を手がける株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、以下、面白法人カヤック)は、ブランドの課題をゲームのノウハウで解決する「面白ブランドデザインラボ」を立ち上げました。「面白ブランドデザインラボ」の第一弾として、「インターナルブランディング×ゲーミフィケーション」の提供を開始いたします。

博報堂ブランドデザインは、ブランド戦略立案をはじめ、組織・風土改革、ビジョン策定など様々なビジネス領域をカバーしており、戦略からアウトプットまでをワンストップで実施しています。その中でも、自社のブランドをインナーがしっかりと共有し、一貫性のある行動や施策を生むためのインターナルブランディングの領域は、特に重視されています。

従来、インターナルブランディングの「ブランドの理解が進まない」「行動に結びつかない」といった点が課題とされていました。
一方、面白法人カヤックでは、ゲーム参加者の「レベルを上げたい」「ハードルをクリアしたい」「誉められたい」といったゲーム制作で培った、次への行動を喚起するノウハウが蓄積されてきました。
そこで、両社の得意分野を掛け合わせた「インターナルブランディング×ゲーミフィケーション」を開発、人が普遍的に持つ感情や欲求に即した、よりエモーショナルで、楽しみながら参加できるブランド浸透施策によって、インターナルブランディングの課題解決を目指します。

今後も両社は「面白ブランドデザインラボ」における研究を共同で進め、ブランドの課題をゲームの力で解決する手法を開発し、サービスの提供をしていく予定です。

詳細の資料はこちら(PDF)