株式会社博報堂の次世代型クリエイティブプロジェクト「恋する芸術と科学ラボ」は、東京大学大学院新領域創成科学研究科サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム(通称GPSS-GLI/プログラム長:佐藤徹教授)と、「新しい時代の環境創造」をテーマに連携しましたので、お知らせいたします。

「恋する芸術と科学ラボ」は、6月より、東京大学大学院新領域創成科学研究科サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム(通称GPSS-GLI)と、「新しい時代の環境創造」をテーマに、創造性と社会実装力との高次元融合を実現するための産学連携のプラットフォームを構築いたします。これまで東京大学GPSS-GLIが牽引してきたサステイナビリティに関する高度の専門性、学識、俯瞰力と、博報堂の持つクリエイティブ力、デザイン力、社会実装力、構想力を併せ持つことで、これまでにない産学連携の運動体を目指します。

 ■具体的な連携内容

– 6月1日より特別講義「サステイナビリティにおける恋する芸術と科学」の開講
– GPSS-GLIより博報堂への単位認定を伴う学生のインターン受け入れの定期的実行
– 次世代の環境創造への社会実装計画立案、および産官学への共同提案
– 環境技術やインフラに関わる企業への共同コンサルテーション
– 「新領域創造」「恋する芸術と科学」に関する共同出版事業

今後も、「恋する芸術と科学ラボ」は、文理芸と産官学を融合させ、新しい未来を創造するための活動を推進してまいります。

※詳細PDF版はこちら