株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)は伸長するアジア市場を牽引する、消費意欲あふれる女性たちに注目し、情報感度が高く、女性消費トレンドをレポートできるアジア女性の最先端層をネットワークした「博報堂亜女子会議」を独自に構築、その活動を本格的に開始し、ホームページ(http://ajoshi-kaigi.jp/)を本日オープンしました。

「博報堂亜女子会議」は中国、インドネシア、韓国、マレーシア、ミャンマー、タイ、ベトナムのアジア7 カ国約50 名の、社会への洞察力と情報発信能力を兼ね備えた女性たちで構成されるレポーターズ・パネルです。「博報堂亜女子会議」のメンバーは都市部在住、20~30 代前半の未既婚女性(既婚の場合には子供はいない)で、大学を卒業している、もしくは在学中、仕事に就き自分のためにお金を使う傾向にある、などの条件をクリアしている、生活マインドの髙い女性が参加しています。

「博報堂亜女子会議」はメンバーのリクルーティングと管理、企画運営を「女の欲望ラボ(代表:山本貴代氏)」と協働で行っています。女性ファシリテーターが、メンバーとメールやSNSを介して調査を行い、女性たちの本音を引き出し、各国で同時に意見を聞くことで、各コミュニティの特性を把握、比較することができます。定期的に調査を実施し、女性たちの目で捉えた「トレンド情報」や、生活意識と価値観から生まれる「生活インサイト」を収集分析、クライアント企業への戦略提案を行っていきます。

アジア女性の最先端層へスピーディーにアプローチできる博報堂のオリジナルナレッジツールとして、生活消費財、トイレタリー、化粧品、家電製品、旅行など、「アジア全体を見据えた女性ターゲット商品」を展開するクライアント企業をサポートしてまいります。

ニュースリリースはこちらから(PDF)