-アプリ収益化支援企業メタップス社と協業-

株式会社博報堂

株式会社博報堂は、アプリ収益化支援企業の株式会社メタップス(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤 航陽、以下、メタップス社)とアプリ向けの統合マーケティング分野において協業契約を締結いたしましたので、お知らせ致します。

今回の協業契約では、スマートフォン・アプリのデータ解析ツール「Vision-Graphics for Apps powered by Metaps」を共同開発いたしました。これは、博報堂DYグループのマーケティング・ダッシュボードである「Vision-Graphics」の機能に、メタップス社が開発・提供している、アプリの集客・分析・収益化をワンストップで支援するアプリ開発者向けプラットフォーム「Metaps Analytics」※1の機能を掛け合わせたものです。

 「Vision-Graphics for Apps powered by Metaps」ではテレビCMとアプリダウンロード・アプリ内アクティビティの相関をタイムリーに追跡でき、広告効果の可視化が可能となります。また、ダウンロードの流入経路としてテレビCMが有効かの見立てや、ネット集客、コンバージョンまでを統合的に管理・分析が可能になります。これにより、テレビCMとweb、アプリ広告を組みあわせた統合的なアプリ集客ソリューションをご提供します。

尚、「Vision-Graphics for Apps powered by Metaps」は、今夏頃よりクライアント企業へ向けて提供開始となる予定です。

また、博報堂は、博報堂DYメディアパートナーズと連携したスタートアップ系企業のマーケティング、成長支援を行う「Startup Growth Team」※2により、メタップス社と共に国内外でのアプリの総合マーケティングキャンペーンを推進していきます。

更に、中長期的には、人工知能による予測モデルの開発における研究についても協業していく予定です。今後、膨大なデータをシステムに学習させ、様々なソリューション開発を行い、先進的なサービス開発・提供を行っていきます。

※1「Metaps Analytics」アプリ内のユーザー行動解析を行うツール
※2「Startup Growth Team」スタートアップ系得意先の事例を研究し、マス広告の成功確率分析、戦略構築、クリエイティブ、メディアバイイングのみならずデジタル、グロースハックプランまでトータルにサポートを行う博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ一体で形成するスペシャリストのチーム。

【Vision-Graphics for Apps powered by Metaps 概要】

PDF版はこちら