2014年12月10日

博報堂の雑誌『広告』は、創刊1948年に広告文化の創造と発展を目的として発行された季刊誌です。現在までで通巻396号(2014年12月現在)に及び、長い歴史を持ち、博報堂の社員が中心となって編集制作を行っています。

2012年8月号から2014年10月号まで、「恋する芸術と科学」をテーマに、様々な特集に取り組んでまいりましたが、今年で一旦、このテーマを終了することになりました。

 来年からは、新編集長に博報堂のコピーライターの尾形真理子を迎え、「なぜか愛せる人々」を通年テーマに、新しい体制で再スタートします。毎号、多様な価値観をもつ人々にフォーカスし、「人間」を丁寧に見つめていくことで、これからの社会の兆しを切り取っていくことを目指します。

  新編集長の尾形真理子は、『リニューアル号の特集は、「水色の自己主張」。声高に自分の考えを主張するのが「赤」だとしたら、誰かのためにできることを自分なりに続けて、いつの間にか周りの人たちをやわらかく導いていくような主張は「水色」かも。そんなイメージを抱きつつ、多様な「自己主張」と「水色」と結び付けて考えてみた特集です。どうぞご期待ください。』とコメントしています。

 

発売は、2015年1月19日を予定しています。

 

http://kohkoku.jp/

 

新編集長のプロフィール等はこちらをご覧ください