2014年10月24日

今年で第22 回を迎えたクレスタ国際広告賞で、博報堂が担当した「Rice Code」(広告主:青森県田舎館村)がアンビエントデザイン部門のグランプリを獲得しました。当作品は、本年度のカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルでも2 つの金賞、1つの銀賞、2 つの銅賞とで、合計5つの賞を受賞しています。なお今年のクレスタ国際広告賞で、アジアの広告会社の受賞は博報堂のRice Code のみとなります。

クレスタ国際広告賞は、1993 年にクリエイティブ・スタンダード・インターナショナルと国際広告協会(IAA)とのパートナーシップのもとに創設されました(本部:米国ニューヨーク)。クレスタ(Cresta)の名称の由来はクリエイティブ・スタンダード(creative standard)の2 単語の最初の3 文字ずつを取ったものです。2014 年は50 カ国以上から応募がありました。

受賞結果は以下の通りです。

<グランプリ>
【アンビエントメディア部門】
広告主:青森県田舎館村
受賞作: Rice Code
エージェンシー:博報堂

 

プレスリリースはこちら