発見や発想のヒントが得られる『生活定点』特設サイトオープン

株式会社博報堂のシンクタンク「博報堂生活総合研究所」(以下「生活総研」所長:嶋本達嗣)は、22年間にわたり隔年で実施してまいりました生活者意識の定点観測調査『生活定点』を無償一般公開(フリーダウンロード、二次利用可能)いたしました。『生活定点』調査とは、1992 年から 22 年間にわたって隔年で実施している生活総研のオリジナル定点観測調査です。同じ地域(首都圏・阪神圏)、同じ対象者設定(20~69 歳の男女)に向けて、同じ質問を継続して投げ掛け、その回答の変化を時系列で観測しています。 項目数は約 1,500 項目に及び、衣、食、住、健康、遊び、学び、働き、家族、恋愛・結婚、交際、贈答、消費、情報、メディア接触、社会意識、国際化と日本、地球環境など、生活者のありとあらゆる領域を網羅しています。

また、本公開にともない特設サイトをオープンいたしました。データ分析が身近ではない方々にも、データに触れて、意外な発見や発想のヒントを得ていただくことができる各種コンテンツをご用意しています。(制作協力:チームラボ株式会社)

詳しいお知らせはこちらから(PDF)

◆『生活定点』特設サイトのコンテンツ

①“22年間にわたるデータを分かりやすく見たい”に応える

過去22年間に蓄積された回答値をさまざまなグラフやランキングの形にし、時系列の変化が直感的に分かるページを約1,500ご用意しました。
(例:「日本の行方」に関する22年間の意識変化が分かるグラフ、20年前、10年前、現在の10年毎に比較できる「好きな料理ベスト3」ランキングなど)
また、検索エンジンを通じてキーワードを入れると検索画面に表示されるよう開発。

②“気づきや発見、発想のヒントを得たい”に応える

データ分析を気軽に楽しんでいただけるコーナーを2つ設けました。「ここ2年で最も上昇」「ここ2年で最も下降」「V字回復」など、折れ線グラフの形状から22年間で変化のあった日本人の意識や行動を一覧できる「グラフの形から見る」コーナーと、回答の増減が似ている意識や行動を、約4,200万件の組み合わせの中からプログラムが抽出し表示する「似てるかもグラフ、紹介します!」コーナー。データに基づく意外な発見を楽しんでいただけます。
(例:「V字回復」した日本人の意識のトップは「治安がよいことは日本の誇りだと思う」)

③“データをじっくり見たい、使いこなしたい”に応える

約1,500項目、過去22年分のすべての回答値を全体・性年代別・地区別などに一覧できる集計表を無償でダウンロードできます。時系列グラフを自動で簡単に作成できるプログラムを搭載。複数の折れ線グラフを同時に出力することで、生活者の意識や欲求の変化を多面的に分析することができます。日本語版に加えて英語版もご提供しています。利用者登録などの必要は一切ありません。

博報堂生活総合研究所『生活定点』特設サイト

http://seikatsusoken.jp/teiten2014/