2014年9月17日

株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田 裕一)は日本オラクルが提供しているクラウド型マーケティング・プラットフォーム「Oracle Marketing Cloud」の日本市場での導入・運用について同社と協業することで合意しましたので、お知らせいたします。

 グローバルで活用されてきた「Oracle Marketing Cloud」を日本企業にスムーズに導入し、発展的な運用をより確かなものにするためには、日本市場固有のマーケティング・コミュニケーション環境を熟知し、事業環境に即した個別の課題発見と戦略設計が求められます。

この度、日本オラクルと博報堂が協業し、日本オラクルが持つグローバルの業種別に蓄積したナレッジと、博報堂グループが持つ多種多様な業種・製品サービスのマーケティング活動に関するノウハウを掛け合わせ、同プラットフォームを日本のマーケティング環境に適合させるという形で、国内クライアント企業への導入・運用支援を開始することといたしました。

更に、両社は日本におけるベストプラクティスの集積を行い、国内クライアント企業の当サービスへの価値向上を目指します。

 今後、博報堂と日本オラクルは、こうしたナレッジを備えたユニークなプラットフォームによって、国内クライアント企業の迅速なマーケティング変革を具現化し、継続的な事業成長の実現にむけて支援を行ってまいります。

詳細リリースはこちら