2014年7月31日

株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)は、様々なテクノロジーで進化する「まちづくり」「都市デザイン」を生活者視点で構想・立案する専門チーム「博報堂ブランドデザイン スマート×都市デザイン研究所」を設立し、2014年8月より活動開始いたします。

日々進化するテクノロジーによって、車や鉄道などのモビリティ、ビルや住宅、エネルギーなど、街を構成する様々なモノ・サービスがスマート化しています。進化しスマート化したモノ・サービスによって構成された街は、今よりも住みやすく、生活の質が向上するものとして、期待が益々高まっています。

これからのモビリティ、ビルや住宅、エネルギーなどスマート化したモノ・サービスは、単体での開発・利用・システム化ではなく、複数そして無限のモノ・サービスと繋がりあい、より高次元にネットワークされることが予想されます。

一方、個々のテクノロジーの進化に注目が高まり、モノ・サービス機能単体の高度化に終始する可能性もあり、開発の本質や生活者への提供価値を見出しにくくなることが懸念されます。

この度設立した「博報堂ブランドデザイン スマート×都市デザイン研究所」は、当社のフィロソフィーである「生活者発想」でモノやサービスの提供価値を探求してきたノウハウや知見を「まちづくり」「都市デザイン」にも活かし、当該フィールドに参画します。

テクノロジー主導ではなく、くらし主導でスマート化を捉えると、人々がくらす価値を高めることができ、まちづくりの可能性がもっと広げられると考えています、

 今後、まちづくり、都市デザインの根幹となる基本構想から設計、実施まで、この領域のステークホルダーと共に、テクノロジーに立脚したくらしの真の価値をトータルで設計し、魅力にあふれ、愛着がわくサステナブルなまちづくり、都市デザインの構築を目指してまいります。

■「博報堂ブランドデザイン スマート×都市デザイン研究所」公式HP
http://h-branddesign.com/smartx/
(博報堂ブランドデザインHP内)

【博報堂ブランドデザイン スマート×都市デザイン研究所】

◆サービス・研究内容:

・都市計画/構想・都市デザイン全般のコンサルティング、サポート
・スマート化した関連商品・サービス・インフラの開発、サポート
・都市ブランディング、マーケティング、コミュニケーション業務

*代表者プロフィール、リリースはこちら