ニュースリリース

博報堂コンサルティング、シンガポールのコンサルティング会社「WATATAWA」社と業務提携

アジア市場におけるブランド・マーケティング戦略のコンサルティングサービスを提供

2014年5月27日

株式会社博報堂
株式会社博報堂コンサルティング

博報堂グループのコンサルティング会社、博報堂コンサルティング(東京都港区、社長:首藤明敏)は、シンガポールのコンサルティング会社「WATATAWA」社と2014年5月、業務提携を締結し、アジア市場及び日本市場におけるブランド・マーケティング戦略のコンサルティングサービスを共同で提供することに合意しましたのでお知らせいたします。

日本企業は、かつて、高品質な製品力、技術開発力の強さを通じて海外市場を開拓してきました。しかし昨今、欧米系及びアジア系のグローバル企業が戦略的なマーケティング活動を大胆に推進してくる中で、多くの日本企業が厳しい競争下にあります。

さらに、アジアにおける日本企業の経営課題として、現地の優秀な人材の安定的な確保と維持があげられます。就職・転職先として、企業ブランド力の強化と社員に対するロイヤリティ強化が喫緊の課題となっています。

 今回の業務提携により、博報堂コンサルティングが持つ日本企業の理解とWATATAWA社のアジアでの経験・ノウハウ、グローバル視点とを融合し、日本企業がアジア市場において抱えているブランド・マーケティングに関する社内外の課題を解決するための包括的なコンサルティングサービスを提供いたします。更に、企業ビジョン、価値観を共有していくエンブロイヤーブランディング、インターナルブランディングなどのニーズにも対応するソリューションも提供してまいります。

WATATAWA社のCEO、Bill Rylance(ビル・ライランス氏)は、今回の提携に関し、

「多くの日本企業は、商品やサービスの技術面の優位性を重視することで、グローバル市場において、成功を収めてきた。今後も日本の技術は、成功の核となっていくものと確信している。しかし、今後更にエモーショナルな共感を得る戦略的なアプローチも必要となってくる。博報堂コンサルティングが掲げる生活者視点と事業者視点の両立がまさに不可欠な発想であり、この点に共鳴し、今回提携することになった。」とコメントしています

 今後、博報堂コンサルティングとWATATAWA社は、日本企業の本来の強みを活かし、アジア市場での競争力強化を支援してまいります。

尚、博報堂グループは、14年度~18年度中期経営計画において、「統合マーケティング・マネジメント力で、得意先の事業価値を向上する、世界一級のマーケティング・カンパニー」の実現を目標としており、今回の提携については、アジアを中心とした新興国でのビジネス・ネットワーク体制の強化の為の具体施策の一環となります。

 

【WATATAWA社概要】

社名:WATATAWA (日本語名:ワタタワコンサルティング)

本社所在地:シンガポール
経営陣: CEO : Bill Rylance
設立年:2010年
従業員数:10名
事業内容:投資家コミュニケーション、トップマネジメントカウンセリング,企業内社会イノベーション支援などの業務に強みを持つ、コミュニケーション・マーケティング戦略を専門とするコンサルティング会社。創業者は、アジアにおけるオリンピックやFIFAワールドカップなどの歴史的イベントや、アジア各国政府などのコミュニケーション活動の経験を持つ。

社名のWATATAWAは“Walk the Talk, Talk the Walk”の略称で、「企業は有言実行であるべきであり、慎重に選ばれた言葉を通じて、自社の特徴や戦略を的確に伝えていくことが、全てのステイクホルダーとの共感を促し、結果としてブランドの競争力強化につながる」という信念を表している。

URL:www.watatawa.asia

 

ニュースリリースはこちら


  • ホームへ戻る
  • ページトップへ
  • ご利用にあたって
  • プライバシーポリシー
  • 特定個人情報基本方針
  • サイトマップ
  • 本社地図
  • 各種お問い合わせ
  • 博報堂DYホールディングス
  • 博報堂DYメディアパートナーズ