2014年3月13日

 株式会社博報堂のクリエイティブディレクターで博報堂が発行する雑誌『広告』の編集長を務める市耒健太郎(KENTARO ICHIKI)が、世界経済フォーラム(World Economic Forum)、2014年度のヤング・グローバル・リーダーズ(Young Global Leaders、以下YGL)に選出されました。

 YGLは、専門分野における実績や、社会への貢献等を基準とし、世界の未来創造に寄与しうる人材として、将来の国際舞台における活躍が期待される若きリーダーたちが毎年世界各地から選出・表彰されるものです。

 今年度は、企業、政府およびメディアそれぞれにおける国際的に著名なリーダー達からなる選考委員会によって、2000名以上の候補者の中から世界66カ国214名のYGLが選出されました。日本からは7名選出されており、その中の一人として、博報堂のクリエイティブディレクターの市耒健太郎が選ばれました。今年度のYGLの半数が民間部門、半数が公的部門からそれぞれ選出されており、その分野は学術、芸術文化、市民社会、政府、メディア、非営利組織と多岐にわたります。

 

■市耒健太郎のコメント

この度は、YGLにご選出いただき、光栄です。
広告業界のクリエイティブは、感性と理性を衝突させる専門家として、その職能を長年発展させてきました。今、その力を、広告という領域を超えて、社会に問題提起するために活用したいと考えています。芸術と科学、マーケティングとデザイン、テクノロジーと感情との架け橋となり、一回り大きな物語を社会に描けますよう、尽力できれば幸いです。

 

 ■世界経済フォーラム ヤング・グローバル・リーダーズ2014

http://www3.weforum.org/docs/WEF_NR_YGL_NCA14_JP.pdf

 ■2014年度 受賞者一覧

http://www3.weforum.org/docs/WEF_YGL_Honourees_2014.pdf

 

市耒健太郎のプロフィール、詳細はこちらをご覧ください。