2013年12月13日

アジア最大の広告専門誌「キャンペーン・アジア・パシフィック」が主催する「2013年エージェンシー・オブ・ザ・イヤーアワード」において、博報堂グループのTBWA\HAKUHODOが4年連続で日本部門の「クリエイティブ・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

 左から金子佳、ゲーリー・クルーグマン、井木クリストファー啓介COO、佐藤カズー、三浦崇宏、河村ゆう子

当アワードは、東南アジア、日本/韓国、中華圏、南アジア、オーストラリア/ニュージーランドの5つの地域別に、広告/コミュニケーションビジネスにおける実績をキャンペーン・アジア・パシフィック誌が独自に評価するものです。

「クリエイティブ・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」は、目標達成度、クライアントの維持率、新規ビジネス獲得数、広告賞の受賞数、人材開発への取り組み、業界への貢献など、広告会社の様々な側面が総合的に審査されました。エージェンシーのヘッド、クリエイティブ、新規ビジネス開拓のリーダーシップも評価され、今年もトップエージェンシーとして受賞の運びとなりました。

更に、今年は、日本・韓国部門の個人/チーム賞でも多数の賞を受賞しました。

●Agency Head of the Year 

代表取締役社長兼CEO 座間一郎

●Creative of the Year 

エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター 佐藤カズー

●New Business Development Team of the Year 

河村ゆう子チーム

<エレクトロラックスチーム>

営業: 金子佳、狩野綾子、高橋慶

クリエイティブ: 近山知史、清水克弘、松倉昌志、小笠原健、太田良

プランニング: ゲーリー・クルーグマン、堀江雄一郎、橋本昇平

●Account Person of the Year 

グループ・アカウント・ディレクター 河村ゆう子

●Young Achiever of the Year 

PR/インテグレイティッド・コミュニケーション・プランナー 三浦崇宏

Agency Head of the Yearは2011年に続き2度目の受賞、New Business Development Team of the Yearは昨年の高松充CSO(チーフ・ストラテジー・オフィサー)に続き河村チームが受賞し、2年連続受賞となりました。

リリースはこちら