2013年12月9日
博報堂
TBWA\HAKUHODO

 公益財団法人日本パブリックリレーションズ協会主催の「2013年度PRアワードグランプリ」にて、博報堂グループが担当した業務が、最高賞であるグランプリ及びイノベーション/スキル部門で最優秀賞を受賞しましたのでお知らせします。

 グランプリを受賞したプロトリーフ社の「土のフルコース」は、TBWA\HAKUHODO及び博報堂が、園芸用の土の販売会社である同社の土を使ったフルコースをメニュー化、レストランで提供し、土の品質と安全性をニュース化した広報活動です。同プロジェクトは、「コーポレート・コミュニケーション部門」にエントリーいたしました。

 また、イノベーション/スキル部門最優秀賞には、「転載」を活用した中国での科学的PR手法が受賞いたしました。この手法は、中国の媒体特有の「転載」に着目し、過去の転載実績を分析することによって、効果・効率を最大化するPRプログラム「博報転載+™(はくほうてんさいプラス)」で開発したものです。

  「PRアワードグランプリ」は、コミュニケーション活動(広報・PR活動)の事例を広く募り、優秀な活動を表彰・公開し、コミュニケーション技術の質的向上およびパブリックリレーションズに対する一層の理解促進を図ることを目的に実施されています。会員及び一般(会員)から推薦・ノミネートされた中から、グランプリ1業務、部門最優秀賞4業務を選定・表彰するものです。
本年は、全37エントリーの中から11業務がノミネートされ、博報堂グループからは内2業務が選定されました。

◆2013年度PRアワード グランプリ
業務名:「土のフルコース」(プロトリーフ社のコーポレートコミュニケーション)
広告主:プロトリーフ社
広告会社:TBWA\HAKUHODO 博報堂
協力会社:フレンチレストラン「ヌキテパ」
プロジェクト担当者:
松井美樹 (TBWA\HAKUHODO チーフクリエイティブオフィサー)
佐藤カズー(TBWA\HAKUHODO エグゼクティブクリエイティブオフィサー)
原田朋 (TBWA\HAKUHODO クリエイティブディレクター/ コピーライター)
三浦崇宏 (TBWA\HAKUHODO 博報堂 PRコミュニケーションプラナー)
清水恵介(TBWA\HAKUHODO アートディレクター)
今岡望 (TBWA\HAKUHODO アートディレクター)
山口千乃 (TBWA\HAKUHODO コピーライター)
大谷薫  (TBWA\HAKUHODO エージェンシープロデューサー)
クルーグマン ゲイリー(TBWA\HAKUHODO グループプラニングディレクター)
春日剛 (ピラミッドフィルム プロデューサー)

◆イノベーション/スキル部門 最優秀賞
業務名:「転載」を活用した中国での科学PR手法
広告会社:博報堂
プロジェクト担当者:青木生(博報堂 ディレクター)

詳細はこちらをご覧ください