2013年10月7日
株式会社博報堂DYホールディングス

 株式会社博報堂DYホールディングス(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)は、2010年8 月より運用しているインターネット広告効果測定ツール「X-ADVANCE(クロスアドバンス)」のアジア版を新たに開発し、平成25 年10 月7 日よりサービス開始いたします。

 「X-ADVANCE」はインターネット広告におけるバナー広告・検索ワード連動広告のクリック数やキャンペーンサイト訪問数などのデータを1分単位で測定し、分析することができます。日本国内では、サービス開始以来、多くの広告主のウェブサイトの効果検証に利用していただいています。
近年、アジア各国でのインターネット広告市場の成長が著しく、今後インターネット広告の効果測定の必要性が高まってくることを想定し、X-ADVANCEをアジアでも利用できるように開発いたしました。対応している国・地域は、中国、香港、台湾、タイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、フィリピンとなっています。これにより、博報堂DYグループのアジア拠点の広告主がサービスを利用できるようになります。
今後も、各国のインターネット市場の動向に合わせて対応国を増やす予定です。

 <「X-ADVANCEアジア版」の主な特長>
 ① 操作画面は、英語と中国語(簡体字)を選択可能
 ② 検索サイトを通じてアクセスしてくる際のキーワードを判別できるように各国の言語の文字コードに対応
 ③ どの国のどのエリアからアクセスしてきたのかを判別できるようにエリア情報を搭載
 ④ 計測したデータを各国のタイムゾーンに合わせて集計できるよう設定可能

 X-ADVANCEは今回開発したアジア版を含め、博報堂DYグループ共通のマーケティング・テクノロジーに関するナレッジ開発を担当する組織である「マーケティング・テクノロジー・センター(センター長:中谷吉孝)」が、企画・開発を行いました。今後も、デジタル技術を活用して企業が行うマーケティング活動を可視化するマーケティング・テクノロジーの開発を進めてまいります。

詳細はリリースをご参照ください。