だれでも無理なく続けられる新しい社会貢献活動。

株式会社博報堂
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

 株式会社博報堂と株式会社博報堂DYメディアパートナーズは、東日本大震災被災地等の復興支援に資することを目的に、去る2013年8月1日に公益財団法人ベルマーク教育助成財団、株式会社朝日新聞社、株式会社タグボートと共同で一般社団法人ウェブベルマーク協会(理事長:小島敏郎/青山学院大学教授、元環境省地球環境審議官)を設立し、本日9月17日(火)より、ベルマーク運動の新しい取り組みである「ウェブベルマーク運動」を開始いたします。

 東日本大震災から2年半が経過し、被災地の現状を伝える情報は日に日に少なくなっています。復興途上にあるとはいえ、被災校における子どもたちを取り巻く教育環境は、まだまだ充分に復旧したとは言えません。
こうした背景から、従来のベルマーク運動(公益財団法人ベルマーク教育助成財団が運営)に加え、本日より新たに開始いたしますウェブベルマーク運動は、ウェブベルマークサイトを経由して協賛会社(スタート時、18社)のオンラインショップで買い物やサービスを申し込むだけで、岩手・宮城・福島などの被災校(小・中学校及び特別支援学校)に支援金が送られる新しい社会貢献活動です。

 博報堂と博報堂DYメディアパートナーズは、一人でも多くの生活者の皆さまに参加していただけるよう、ウェブベルマーク協会の一員として、ウェブベルマーク運動の認知拡大を図ると共に、より多くの協賛社を募り、ウェブベルマーク運動自体の拡大に努めてまいります。更に、博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ及びグループ会社の社員一人一人の参加を促すための社内告知活動を徹底してまいります。

 今後、博報堂、博報堂DYメディアパートナーズは、ウェブベルマーク協会、協賛会社様とともに被災校の教育環境向上を目標に、最大限努力していく所存です。
報道関係者の皆様におかれましてもウェブベルマーク運動の促進に向け、何とぞ御理解、御協力を賜りますようお願い申し上げます。

ウェブベルマークサイト →  http://www.webbellmark.jp/

ウェブベルマーク運動、一般社団法人ウェブベルマーク協会、協賛会社についての詳細はこちらのリリースをご覧ください。