開催日時:2017年02月13日(月) 16:00~17:30
定員:100名
費用:無料

<概要>

リーダーのファシリテーション能力が、プロジェクトの成功を決めます。
不確実で変化が早いいま、イノベーションを実現するにはチームの多様性が欠かせないと言われています。部門横断しての業務や他社とのコラボなど、プロジェクト型の仕事も増えています。
ところが、イノベーションを生み出すはずの多様性が障壁となり、プロジェクトが進まない事も少なくありません。

今回のセミナーでは、タスクと時間を管理するだけのマネジメント型でもなく、カリスマリーダーによるトップダウン型でもない、メンバーのやる気とクリエイティビティを高めて新しい価値を創造する「ファシリテーション型リーダーシップ」について、年300件以上のワークショップを設計し、様々な企業のブランドやイノベーションの部門横断型プロジェクトをリードしている博報堂ブランドデザインが解説します。

また、2016年に実施された「第1回 ファシリテーション型リーダーシップ講座」の参加者をゲストにお呼びして、講座で何を得たのか、現場でどのように活用しているのかを紹介して頂きます。

<プログラム>

講演1 チームの創造性を引き出すファシリテーション型リーダーシップとは
ファシリテーションの起源や、日本のビジネスシーンにおけるファシリテーションについてレビューするとともに、創造性を高めるミーティング・ファシリテーションのポイントを紹介します。また、プロジェクトを推進するために必要なファシリテーターの勘所についても解説していきます。

講演2 ファシリテーション型リーダーシップ実践ケース
2016年に実施された「第1回 ファシリテーション型リーダーシップ講座」に参加した方のうち2名をゲストとしてお呼びします。参加者として、講座で何を得たのか、現場でどのように活用しているのか、具体的な事例を紹介して頂きます。

講演3 クロストークセッション
ゲストのお二人と講師によるトークセッションを行います。次世代のリーダーに求められる力とは何か、経営の視点と現場の視点、2つの視点で話を深めていきます。

【講師】

岡田庄生
博報堂ブランドデザイン コンサルタント
2004年、株式会社博報堂入社。様々な企業の企業ビジョンやブランド戦略、商品開発等のプロジェクトファシリテーションを担当。宣伝会議「ファシリテーション力養成講座」講師(2013~2015)。著書に『買わせる発想 相手の心を動かす3つの習慣』(講談社)、『お客様を買う気にさせる「価値」の見つけ方』(KADOKAWA)など。東京工業大学非常勤講師。

【ゲスト講師】

南雲孝太郎
三菱電機株式会社デザイン研究所
ホームシステム第2グループ マネージャー

石井翔
株式会社Mizkan
メニュー開発課

詳細はこちら
https://consulaction.hakuhodo.co.jp/academy/schoolevent02/