2017年3月22から25日まで、ADFEST 2017(以下、アドフェスト)がタイ・パタヤにて開催されます。
DIRECT LOTUS & PROMO LOTUS部門の審査委員長に、博報堂アジア・パシフィックのチーフクリエイティブオフィサーWOON HOH(ウーン・ホー)が選出されました。
その他、博報堂DYグループから審査員に決定した3名をご紹介いたします。

■DIRECT LOTUS & PROMO LOTUS部門-審査委員長

■INTEGRATED LOTUS/INNOVA LOTUS/LOTUS ROOTS部門-審査員

WOON HOH(ウーン・ホー)
博報堂アジア・パシフィック
チーフクリエイティブオフィサー

1992年米サンフランシスコGraphic Design School of Fine Arts卒業後、マレーシアの広告会社、博報堂インドネシアを経て、博報堂アジア・パシフィックのチーフクリエイティブオフィサーに就任。
博報堂インドネシアではリージョナル・エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターとして、任期中同社をインドネシア国内で常にトップ3のポジションに導いた他、2016年のCitra Pariwaraにてエージェンシー・オブ・ザ・イヤーを受賞した実績がある。現在、博報堂アジア・パシフィックの若手の育成にも尽力しており、One Show、ニューヨークフェスティバル、ロンドン国際広告賞、AWARD、Citra Pariwara、 Kancil Awards、Longxi Awards、Bangkok Art Directors’ Awards (B.A.D)、アドフェスト、スパイクス・アジア、カンヌなど、同社に多数の受賞をもたらした。

<コメント>
「20周年を迎えるアドフェストに、DIRECT LOTUS & PROMO LOTUS部門の審査委員長として招いていただき、大変光栄です。これまでのクリエイティブのレベルを超えてくるような、そんな優秀な作品に出会えることを楽しみにしています。」

■DESIGN LOTUS & PRINT CRAFT LOTUS部門-審査員

KOK KEONG CHOW(コック・キョン・チャウ)
博報堂インドネシア
エグゼクティブクリエイティブディレクター

1994年に大学(グラフィックデザイン専攻)を卒業後、シンガポールの広告業界で11年、マレーシアの広告業界で9年のキャリアを経験する。2016年からはインドネシアに移住し、現在博報堂インドネシアのエグゼクティブクリエイティブディレクターに就任。カンヌ、D&AD、One Show、Clio、ロンドン国際広告賞、Australia Award、スパイクス・アジア、アドフェスト、ニューヨークフェスティバル、釜山国際広告祭(ADSTARS)など、 130もの国内外の賞を受賞している。審査員経験も豊富で、スパイクス・アジア(2014年)、アドフェスト(2015年)、釜山国際広告祭(2013年)、Kancil Awards(2012~2015年)、Citra Pariwara Awards(2015年)と多数。

<コメント>
「アジア地域最高峰の作品に出会えること、またDESIGN LOTUS & PRINT CRAFT LOTUS部門の審査員仲間に出会えることが今から待ち遠しいです。」

■FILM LOTUS & RADIO LOTUS部門-審査員

松井 美樹
博報堂
統合プラニング局長
エグゼクティブクリエイティブディレクター

1986年博報堂入社。CMプラナーとしてキャリアをスタートし、数々の国内賞を受賞した後、1999年にクリエイティブディレクターに就任。2002年からはTBWA\CHIAT & DAYとの協業で自動車メーカーの制作を手掛け、その経験から2006年にTBWA\HAKUHODOのエグゼクティブクリエイティブディレクターに就任。2010年には、チーフクリエイティブオフィサーに就任し、同社をカンヌ、アドフェスト、スパイクス・アジアなど数々の海外賞受賞に導いた。2016年4月より現職。

<コメント>
「審査員に選ばれたこと、大変光栄です。一番楽しみにしているのは、現在のアジアパシフィックの業界の生の空気を吸えること。みんながどんな意識で戦いながらアウトプットしているか、日本との意識の差などを肌で感じて来ます!」

■MEDIA LOTUS & EFFECTIVE LOTUS部門-審査員

嶋田 三四郎
博報堂DYメディアパートナーズ
メディア・コンテンツクリエイティブセンター
エグゼクティブ マネージャー

1995年博報堂入社。ラジオ局にて数多くのラジオ番組、キャンペーンの企画制作を行った後、音楽著作権マネージメント会社へ出向し、音楽著作権に関するライツビジネス、音楽コンサルティング、アーティストプロデュースを手掛ける。その後、博報堂DYメディアパートナーズにて、エンターテインメントコンテンツビジネスを経験。現在は、メディア&コンテンツを軸足においた統合的メディアコミュニケーションプロデューサーとして、様々な広告主業務やメディアコンテンツ開発業務に従事。

<コメント>
「MEDIA LOTUS & EFFECTIVE LOTUS部門の審査員に選ばれた事、身にあまる光栄です。複雑化する広告コミュニケーション界において、『メディアが持つチカラは何なのか?』を、見つけ出してきたいと思っています!」

<アドフェストとは>
アドフェストはアジア太平洋地区で最も権威のある広告賞の一つで、昨年はアジア太平洋地区より、3,112 作品のエントリーがありました。今年は、昨年同様全 18 部門で競われます。

【2017年部門】※全18部門で、昨年からの変更はありません。
1. Branded Content & Entertainment Lotus
2. Design Lotus
3. Direct Lotus
4. Effective Lotus
5. Film Craft Lotus
6. Film Lotus
7. INNOVA Lotus
8. Integrated Lotus
9. Interactive Lotus
10. Lotus Roots
11. Media Lotus
12. Mobile Lotus
13. New Director Lotus
14. Outdoor Lotus
15. Press Lotus
16. Print Craft Lotus
17. Promo Lotus
18. Radio Lotus

アドフェスト公式サイト:http://adfest.com/index.php