深谷 信介
スマート×都市デザイン研究所長 / 博報堂ブランドデザイン副代表 / 博報堂ソーシャルデザイン副代表

「ここんところあちこち出張しているみたいだし、いろいろな体験や発見があるだろう〜 ちょっと書いてみてくれないか?」
そんなビックリするような、でも何気ないお誘いから、数ヶ月。ブランドデザインYさん・広報室Tさんとほんわか愉しい企画会議を経て コラム「日本トコトコッ(にっぽんとことこっ)」が11月1日(大安吉日)よりはじまります。

企業ホームページのなかで、地域の話題を柔らかく、ゆるっとホッとできるようなコラムに仕立てていきます。
課題先進国にっぽんの「真の最先端」は、地域であり ひとつひとつの集落だと思うのです。
そこにある難課題を解決に導き出せれば、必ずや次の日本を生み出す原動力となる、次の世界を導く礎となる。
そんな随分と遠い果てを思いながら、日々 てくてく とことこ よちよち歩きで地域を巡る出張紀行。
七転び八起き、三歩進んで二歩後退、を繰り返しながら、そのまちにピッタリのあしたをみつめながら、
ゆっくりじっくりしっかりと、足でからだでまちとシンクロしていきたい。

日本トコトコッ(にっぽんとことこっ)はじまりはじまり、どうぞよろしくお願いいたします。

■プロフィール■
事業戦略・新商品開発・コミュニケーション戦略等のマーケティング・コンサルティング・クリエイティブ業務やプラットフォーム型ビジネス開発に携わり、都市やまちのブランディング・イノベーションに関しても研究・実践を行う。主な公的活動に総務省/地域人材ネット外部専門家メンバー、環境省/環境対応車普及方策検討会委員、千葉県地方創生総合戦略推進会議委員、富山県富山市政策参与などのほか、内閣府/地方創生人材支援制度により茨城県桜川市・つくばみらい市・鳥取県日野町の3市町の参与も請け負う。