≪生活新聞424号・2006/02/24≫

「考現学」とは、様々な世相や生活などの現代の社会現象を調査・研究すること。ここでは【時代の考現学】として、博報堂生活総合研究所が発行していた「生活新聞」発行年当時の”生活”を紹介するものです。

10月は「情報化月間」。
この月にちなみ、10年前の2006年に発行された「情報」をテーマにした生活新聞(424号・2006/02/24)をご紹介します。

中高時代よりポケベル、携帯、PC等の情報関連機器を自在に使いこなしており、放電コミュニケーションにも積極的な年齢層(18-25歳)をジェネレーションeと名付けました。彼ら・彼女らの情報意識・メディア意識は前後の世代とは大きな違いが見られます。

「生活新聞」とは、1981年から2006年まで、生活総研が社内資料として発行していたもので、生活者の日常を生活総研の研究員が独自の視点で洞察・研究し、社会生活から日常生活のディテールまで、様々な手法を用いて生活に迫った研究レポートです。

生活総研

  • 掲載画像には当時の社員向けのメッセージ等が記載されていることをご了承ください。