株式会社クラフター(代表取締役社長:古田彰一、以下クラフター)、VAIO株式会社(代表取締役:吉田秀俊、以下VAIO)、東映株式会社(代表取締役社長:多田憲之、以下東映)は、2017年12月にVR映画に関する共同事業「VRCC(VR Cinema Consortium)」の立ち上げを発表いたしました。このたび、7月2日(月)より先行体験上映を開始いたしますので、詳細をお知らせします。映画館施設を用いた多人数同時鑑賞が可能なVR映画興行は日本初*で、VRCCは日本の映画興行にVR映画という新しい産業をもたらします。
*2018年5月現在、VAIO調べ

「映画館でVR!」 ここがスゴイ!~圧倒的な臨場感・没入感のVR体験~
これまでのVR体験に欠けていたのは「音」。自宅やアミューズメント施設でのVR体験では、音はVRヘッドセットから再生されていました。「映画館でVR!」では、映画館の本格的な5.1chスピーカーからの圧倒的な臨場感ある音響環境で、VR映像への没入感を体験できます。

「映画館でVR!」 事業の目的~VR映画のエコシステムを目指して~
ハードウエア技術、劇場興行、コンテンツ制作に精通した3社で立ち上げたVRCCは、3社に閉じることなく、コンテンツ制作者、コンテンツホルダー、劇場、映画館以外でも多人数でのVR同時鑑賞を検討される方などを広く募っております。VRコンテンツ制作を望むクリエイターや映像プロダクションは多く、また、劇場側へ低コストで導入可能な仕組みを構築しており、VR映画を消費者に届けるプラットフォームとして機能することを目指しています。

詳細はこちら