株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島 正幸、以下博報堂)は、2018年3月11日~14日に米国・テキサス州オースティンで開催される、世界的なテクノロジー・スタートアップ・イベント、「サウス・バイ・サウスウエスト・トレード・ショー(South By Southwest Trade Show)2018」(以下、SXSW)に、自社ブースを出展いたしますのでお知らせします。

今年の博報堂ブースのテーマは、「CARESS YOUR BRAIN.」(脳をかわいがる。)です。
「人とテクノロジーの共生」が問われている昨今、博報堂は、これからのテクノロジーが備えるべき要素として「Humanity(最終目的は必ず人間の可能性や活動をひろげることに帰着すること)」、「Education(次世代の価値を拓くものであること)」、「Physical(五感など人間特有の身体性に訴えかけ、心揺さぶるものであること)」、という三つのキーワードを重視しています。今年度は、「脳をかわいがる。」、人の感覚や感情に優しく働きかけ、脳が嬉しくなるようなプロダクトを展示します。テクノロジー起点ではなく、「人」を起点として考える 「生活者発想」をフィロソフィーとする博報堂が考える「人とテクノロジー」のあり方を世界に発信していきます。
人間らしい自然な動きを実現し、初めて「不気味の谷*」を越えたと言われるCG女子高生『Saya virtual human project』、しっぽのついたクッション型セラピーロボット『Qoobo』など、博報堂が自社開発や共同開発したユニークなプロダクトを展示、実演いたします。

*「不気味の谷」:ロボットやCGを、人間など実在するものに似せようとしたとき、ある段階で極端に不快に感じられる現象のこと。

詳細はこちら