人生100年時代が到来しました。
人生が長くなるだけでなく、人生が複数になる、テクノロジー進化を背景に誰もが理想を実現しやすくなる…
そんな世界はもうすぐそこに来ています。
高齢者だけではなく、全ての人がこれからの暮らし方を根底から捉え直さないといけない時代になりました。
このような社会変化に、個人は、組織は、どのように向き合っていくのでしょうか。

「100年ライフデザイン」は、人生100年時代の新しい社会や暮らしの課題を解決するためのアイデアを考え、実行する活動です。
100年人生を見据えた事業アイデアを考える独自の発想ツールを活用し、産官学民の多様なメンバーで対話を重ね、市場や社会にインパクトを与える新しい動きをつくり出していきます。

本講座では、「100年ライフデザイン」の活動内容と併せて国や企業の現在の取り組み、企業や大学、自治体で実施した事例についてご紹介します。
また、「100年ライフデザイン」をイメージしやすくするための独自の発想ツールを使った簡単なワークをしながら、これから訪れる新しい暮らしを見据えた事業開発成功のヒントについてディスカッションします。

【詳細、お申込はこちらから】
http://www.hakuhodo.co.jp/marketingschool/course/workshop18.html

【概要】

日時 : 2018年3月9日(金) 15:30~17:30 (受付開始15:00)
締切 : 2018年3月6日(火)
会場 : 博報堂ラーニングスタジオ(東京都港区赤坂) 地図
定員 : 80名
費用 : 3,000円(税別) オンライン講座 2,000円(税別)
※講座費用のお支払いはクレジットカード決済のみとさせていただきます。ご了承ください。

※競合企業の方、学生の方は、お申込の際に、ご連絡をさせていただく場合がございます。

【当日の流れ】

session1: 【マクロ視点×100年ライフ】
経産省「みんなの人生100年時代」の取り組みについて

session2: 【生活者視点×100年ライフ】
博報堂「100年ライフデザイン」活動&実施事例紹介

session3: 【未来事業開発成功のヒント】
産官学の多様な立場のメンバーで人生100年時代を考えるための独自のツールを用いたワークおよびディスカッションを実施。
未来の事業開発成功のためのヒントを得る。

【オンライン講座について】

インターネット環境があればどこでも視聴可能です。
ライブ配信のみとなっております。

■インターネット環境をお確かめください
セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合があります。
以下のサンプル動画が閲覧できるか、事前にご確認の上お申し込みください。
https://deliveru.jp/pretest5/
ID livetest55
PW livetest55
※当日、万が一「閲覧できない」というご連絡をいただきましてもご対応できかねますので、
必ず事前にご確認ください。

■推奨環境について
今回の動画配信は、株式会社ファシオ(http://www.vita-facio.jp/)の配信プラットフォーム
「Deliveru」を利用しています。
推奨環境・ご質問は下記URLをご参照ください。
◎推奨環境
https://deliveru.jp/faq/#Q7
◎よくあるご質問
https://deliveru.jp/faq/

【講師】

梶川 文博(かじかわ ふみひろ)

経済産業省 経済産業政策局 政策企画委員

2002年経済産業省入省。
米国コロンビア大学ロースクールへの留学や経済産業省の人事企画・組織開発を担当した後に、ヘルスケア産業振興、マクロ経済調査を経て、現職。

岩嵜 博論(いわさき ひろのり)

博報堂 ブランド・イノベーションデザイン局 HUX部 ストラテジックプラニングディレクター

国内外のマーケティング戦略やブランドプロジェクトに携わった後、近年は生活者起点のイノベーションプロジェクトをリードしている。
著書に「機会発見-生活者起点で市場をつくる」(英治出版)など。

デザインシンキング・トレーニング講師

根本 かおり(ねもと かおり)

博報堂 ブランド・イノベーションデザイン局 HUX部 ストラテジックプラニングスーパーバイザー

広告づくりの現場で自動車、化粧品、家庭用品など多岐に渡る業界のマーケティングやブランディングに携わる。
その経験を活かし、フィールドを未来の生活者発想に軸足を置いた事業アイデア開発、プラットフォームづくりにうつして活動中。

吉田 裕美(よしだ ひろみ)

博報堂 ブランド・イノベーションデザイン局 HUX部 アートディレクター

マス広告からパッケージまで幅広い領域の業務経験を生かし「社会課題を優しく易しくデザインする」をモットーに、様々な社会イシューに携わる。
フードロスや防災食、教育などの事業を自ら立ち上げ、推進している。

宍戸 孝一郎(ししど こういちろう)

博報堂 生活者アカデミー スーパーバイザー

PR部門にて、企業の広報支援業務に従事。
2012年より営業職として官公庁・団体を中心に、ブランディングから新規事業開発業務まで幅広く担当。2016年より現職。“生活者発想”を起点とした、企業の人材・能力開発を推進。