博報堂こそだて家族研究所は、インターネット広告・メディア運営事業の株式会社インタースペースと協働で、インタースペース社が運営するママ向けコミュニティサイト『ママスタジアム』(http://mamastar.jp/)にて、『ママリサ ~いまどきママリサーチ~』を行っています。
この度、9月1日「防災の日」に向けて子育てママの「防災準備」に関する意識と実態を調査いたしました。大地震、台風、火事などの災害に対して、普段から家族でどんな準備をしているか、準備したいけれどできていないこと、家族と子供と話し合っていること、災害時の不安など興味深い結果が得られましたのでご報告致します。

<主な調査結果のポイント>

■子育てママたちが強い不安を感じる災害のトップは「地震」96.7%。

■子供が生まれたことで防災の関心が高まった人は9割以上。しかし、災害への備えは「まったくできていない」人が4人に1人。

■子供や家族のために準備できているものトップ3は、おしりふき・ウェットティッシュ、懐中電灯、飲料水。準備しようと思ってできていない準備は、非常食、簡易トイレ、防災ずきん・ヘルメット。 非常用持ち出し袋を準備している人は40.6%。

■災害に対する三大不安は「子供と離れ離れになること」「子供連れで避難できるか」「子供のけがや病気」。

■家族と防災について話している人は、83.4%。

■災害時、子供のところに駆けつけるためなら「1時間以上でも歩く」ママは80.7%。「8時間以上でも歩く」ママ16.3%。