【開催概要】
開催日時: 2017年7月12日(水)15:00~16:30
会場: Hakuhodo Learning Studio(博報堂ラーニングスタジオ)
東京都港区赤坂2-14-27国際新赤坂ビル東館11階
地図: https://consulaction.hakuhodo.co.jp/seminar/map_akasaka_new.html
費用: 無料
定員: 100名
申込締切: 2017年6月25日(日)

マーケティング目標を達成する、実効性の高い統合マーケティングに、いま必要なメソドロジーとは?

企業が生み出す「商品」の需要と供給のバランスが崩れ、供給量が需要量を上回る市況の中で、従来の手法では生活者に自社商品を買ってもらいにくいという課題が顕在化しています。
そして同様に、インターネットやIoTの劇的な進化によって、「情報」の需要と供給のバランスも崩れ、供給量が需要量を大幅に超過するメディア環境下で、企業が伝えたいことを発信するだけでは、価値やメッセージが生活者に届きにくくなっていることも看過できません。
この二つの厳しい「生活者や市場のリアル」を打開する手段の一つとして、「コンテンツ」に今注目が集まっています。

5月開催のセミナーに続き、今回のセミナーでは、「コンテンツとは何か?どんな手口があるのか?」「数字で見る、コンテンツごとの行動喚起パワーの実態」「コンテンツホルダーとインフルエンサーのマッチングによる、共創マーケティング」「プロダクトそのものをコンテンツ化する、ストーリー開発型パッケージング」「これからの生活者の主流を占める、単身世帯とシニアに効くテーマ型コンテンツ」といった、アクティベーションにおける進化したメソドロジーを、具体的な事例とともにご説明します。

一般的な統合マーケティングとの違い、その強みは何か?そして、なぜ行動や成果につながるのか?次世代型統合マーケティングとしての「アクティベーション」の発想力と解決力に、ご期待ください。

【講師】
■永川 智也
博報堂 アクティベーション企画局 コンテンツアクティベーション部長

■才田 智司
博報堂 アクティベーション企画局 局長
エグゼクティブクリエイティブディレクター

≪詳細、お申込はこちらから≫
https://consulaction.hakuhodo.co.jp/seminar/20170712_1486.php