博報堂グループの株式会社クラフター(東京都港区、代表取締役社長:古田彰一、以下 クラフター)は、株式会社ラッキーピクチャーズ(東京都中野区、代表取締役:川島英憲、以下 ラッキーピクチャーズ)に対して出資を行い、全株式を取得いたしましたのでお知らせいたします。

クラフターは2011年4月の設立以来、映像制作事業を中心に事業を拡大してまいりました。クラフターの強みであるスマートCG※を競争力として、博報堂グループの得意先業務に貢献するだけでなく、数多くの作品を手掛け、アニメーション業界で確固たる地位を築くに至りました。

そのスマートCG技術をより強化していくために、技術に長けた人材と技術リソースを持つラッキーピクチャーズとの連携を深めることといたしました。
ラッキーピクチャーズがクラフターグループに加わることで、需要が拡大しているアニメーション市場において新たなビジネスチャンスを獲得すると同時に、スマートCGを活かしたより良い作品を制作して参ります。

※スマートCG: これまで「セルルックCG」と言われていたもので、世界で支持されている日本のアニメーションの風合い(セルの手書きによるアニメ)をCGで表現したものです。

PDF版はこちら