株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田裕⼀)の日本の文化産業・コンテンツの海外における需要の開拓を担う博報堂クール・ジャパン推進室と株式会社AOI Pro.は、博報堂が企画する海外向けオリジナル番組『DOCCI?』(どっち)を共同で制作し、ジャパンコンテンツ放送メディア「WAKUWAKU JAPAN」にて、2017年2月24日よりアジア7の国と地域で放映開始いたしますので、お知らせいたします。

2016年、訪日旅行者数が2,403万人を突破し、日本政府はオリンピック・パラリンピックが開催される2020年に4,000万人、2030年に6,000万人の訪日旅行者数を目標に掲げています。
これに先立ち、日本政府は2013年に官民ファンドである株式会社海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)を立ち上げ、当社も「クール・ジャパン推進室」を設置し、国策であるクールジャパン戦略に積極的に参画してきました。
この度、博報堂がAOI Pro.とともに新プロジェクトを立ち上げ、海外向けクールジャパンTV番組『DOCCI?』を企画制作。クールジャパン機構出資の海外のジャパン・チャンネル「WAKUWAKU JAPAN」において放映することとなりました。

日本人向けの旅番組を翻訳して海外で放送するパターンが多い中、『DOCCI?』は企画開発から外国人視聴者を意識し、ドラマ仕立てで構成するインバウンドコンテンツとなっています。博報堂のクリエイターが企画プロデュースし、現在大人気の放送作家や演出家を起用。ドラマのストーリーに違和感なく日本の魅力を盛り込み、海外の若者にアピールするだけで無く、番組をフックにした訪日旅行者の獲得が可能な番組コンテンツです。

2017年2月24日より、アジア7の国と地域(台湾、インドネシア、シンガポール、ミャンマー、スリランカ、ベトナム、モンゴル)の「WAKUWAKU JAPAN」にて放映開始。月1回、3回シリーズで放映します。WAKUWAKU JAPAN放映終了後は、WEB上でも配信予定。幅広い地域での話題化を図ってまいります。

博報堂クール・ジャパン推進室は、今後も様々なコンテンツホルダーと一体になってクールジャパン関連事業の拡大に貢献してまいります。