今回は、九州しあわせ共創ラボが実施した調査の分析レポート第二弾を発表します。
前回の調査レポートでは、“世界一住みやすい都市”*1とされている「東京」と同じかそれ以上に九州の人たちは「しあわせ」を感じているとお伝えしました。今回は九州の人たちが感じている「しあわせ」がどのようなものなのか、その内容をご紹介します。
今回8月に実施した調査によると、九州の人たちの42%において、普段の生活におけるしあわせ点数*2が70点を超えることが分かりました。今回、このしあわせ点数が70点を超える746人を対象に、どのような「しあわせの鍵」があるかを探るためにクラスター分析*3を実施しました。分析の結果見えてきたのは、7つの異なるタイプのしあわせでした。

*1 MONOCLE誌2016年発表
*2 質問“あなたの「最近のしあわせ度」を50点を基準に100点満点でいうと、何点ぐらいですか”に対する回答平均値
*3 九州に住んでいる18歳から69歳の一般生活者男女。しあわせの点数が70点以上の746人を対象としたクラスター分析。「しあわせを感じる瞬間」と「しあわせに暮らすために必要だと思うもの」の回答を元に因子分析を実施。10タイプの因子から7つのしあわせクラスターを作成した。

 7つのしあわせタイプをマップ上にプロットすると、ある傾向が見えてきます。まずは「しあわせを感じる瞬間」が多ければ多いほど「しあわせ点数」が上昇していくのが分かります(A群)。しあわせと感じる時間や機会、要素が多い人ほどしあわせの実感値が高いことは、感覚的にもわかりやすいと思います。
一方で「家族のしあわせさん」のような「しあわせを感じる瞬間」が少ないにも関わらず、「しあわせ点数」が高めの人が多くいることも見て取れます(B群)。第一回の調査レポートで、「九州は、東京よりしあわせを感じる瞬間が少ないのに、しあわせ点数が高い」ことをお伝えしました。このB群の存在が、その要因だと思われます。
「4.家族のしあわせさん」は、3割弱と最も多いしあわせのタイプで、家族と一緒に暮らすしあわせを深く感じています。「7.“俺”のしあわせさん」は、「しあわせを感じる瞬間」が最も少ないのに、「しあわせ点数」が最も高い人たちです。このタイプは自分独自の基準を持っており、それを元に自分が納得する生活の在り方、しあわせのカタチを見出していると推測されます。

 今回、7タイプのしあわせな人たちが九州にいることがわかりました。
これらのしあわせをより大きくしていくためには、タイプごとに異なったアプローチが求められます。この7タイプをベースに、九州しあわせ共創ラボは、色々なカタチのしあわせにつながる活動に取り組んでいきます。
たとえば、「家族のしあわせさん」に向けた「九州の休日を家族でもっと楽しむため旅行プラン」を共創する。
たとえば、「挑戦するしあわせさん」「分かち合うしあわせさん」と一緒に、「よりよい地域をつくるためのプロジェクト」を始める。
たとえば、プレミアムフライデー実施に向けて、「”俺”のしあわせさん」が喜ぶ「極上の金曜日の過ごし方」を共創する、など。
これから、7つのしあわせという視点で、地域の生活者、企業、メディアや有識者とともに、九州の“新しいしあわせのカタチ”を実現していく共創活動を本格的に進めていきたいと思います。

詳細はこちら