株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)は、「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、地域課題の解決に挑むissue+designと共同で、ソーシャルデザインの手法を使って地域の課題を住民と共に取り組む「地域みらい大学」の2017 年度開催希望地を募集開始いたします。

地方創生という言葉を頻繁に耳にするように、地方圏は人口減少、超高齢化、地域産業の衰退など様々な課題に直面しています。この課題を地域住民の皆さんと共に解決するために、今、求められているのがソーシャルデザインです。
「地域みらい大学」は、このソーシャルデザインの手法を理解・活用し、地域の課題を解決していく人材を育成することを目的としたソーシャルデザインスクールです。

2014年にはじまった「地域みらい大学」はこれまで、高知県佐川町、岐阜県御嵩町、富山県氷見市、北海道札幌市など、全国各地の自治体と協働し、まちづくり、観光、交通、保健、総合計画策定など、様々な分野の課題解決のプログラムを開催してきました。
過去3年間のプログラムを通じて、地域が10年程度の中長期的なスパンで活性化し、未来を切り拓いていくためには、必要なポイントが3つあることが明らかになってきました。

「地域みらい大学」では、この3つを地域に生み出し、地域が未来に向けて動き出すためのエコシステム(地域が自発的に動き、活性化し続ける生態系)をつくるための新プログラムを2017年度より開校いたします。
開催を希望する地方自治体を今後募集し、応募頂いた自治体と個別にプログラム内容を検討のうえ、来年4月以降、順次各地で開催していく予定です。