【Informattion】

2014年5月26日

株式会社博報堂は、企業や業務の変革を目指す人のための統合マーケティングスキル向上プログラム『ConsulactionR Academy』(有料セミナー)を開始いたしますのでお知らせいたします。

 

 2011年9月にスタートした、博報堂グループの統合マーケティングソリューション情報提供サービス「Consulaction(コンサラクション)」では、企業経営領域や事業開発領域などのコンサルティング領域から、具体的なアクションプランの立案・実施までの統合マーケティングに必要なソリューションメニューや、博報堂グループ内の専門組織、スペシャリストの紹介、セミナーなどご提供してまいりました。

 

この度、提供開始する『ConsulactionR Academy』は、企業や業務の変革を目指す方々を対象とした、発想力や戦略構想力を高めるための、新しい有料研修セミナーです。「生活者発想」をフィロソフィーとする博報堂が長年培ってきたナレッジやソリューションをベースに、様々な企業様へ個別に実施してきた研修プログラムの中から、特にご好評いただいたものを厳選して、ご提供いたします。

『ConsulactionR Academy』全体のプログラムの構成は、戦略構築系ゼミ、生活者分析系ゼミ、プロジェクト活性系ゼミの予定となっております。

 

今回、『Consulaction Academy』のオープニングプログラムとして下記セミナーを実施し、本日より申し込み開始を行います。

 

なぜ、うまく売れないのか?
 売り込む発想から、買わせる発想への「発想転換トレーニング」

   日付:7月18日(金)13:30~18:00

   講師:博報堂コンサルティング局 岡田庄生

   金額:30,000円 本編+懇親会費(税込)

 

迷走しがちなプロジェクト、どこが問題?
 課題の本質にこだわり抜く、「戦略構築トレーニング」

   日付:7月30日(水)10:30~18:00

   講師:博報堂コンサルティング局 赤松範麿

   金額:45,000円 本編+昼食+懇親会費(税込)

 

 *セミナー内容詳細、講師プロフィール、各セミナーの申し込みはこちら

    → http://consulaction.hakuhodo.co.jp/academy

 

 ■『Consulaction Academy』で高められる3つのスキル

1.全体像から発見を導く、「360°マーケティング視野力」

ターゲットを売り手視点で「消費者」として見るだけでは、統合マーケティングは実現できません。

このゼミでは、生活者発想による統合マーケティングという考え方に基づき、市場、ターゲット、製品価値、ブランドなど、360°のあらゆるステークホルダー視点で考える力を高めます。

 

2.生活者の潜在的なウォンツを発掘し、顧客のバリューに変換する「発見&発想ジャンプ力」

様々な手法の調査結果データや、顧客行動の大量のアクチュアルデータは保有しているだけでは価値を生みません。

このゼミでは、大量、かつ、多様なデータの底に眠る潜在的なウォンツを発掘する力を高めます。さらに、そのウォンツを「顧客バリュー」へと変換して、事業、商品、ブランドの価値作りを行う過程で、当たり前ではないアイデアを作る発想ジャンプ力も高めます。

 

3.縦割り組織を一気通貫させる、「業務推進ファシリテーション力」

統合マーケティングを行うためには、一商品の各マーケティング施策に一貫性を持たせるだけではなく、開発、生産、物流、マーケティング、営業を一気通貫で統合することが欠かせません。

このゼミでは、企業内バリューチェーンの各部門の連携を強化するためのファシリテーション力やコミュニケーション力を高めます。

 

*PDF版はこちら